スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンナの仕事事情

これからの老人医療の発展や自分自身の健康によって若干読みは変わってくるかもしれないが、まあ、人の寿命が70~80歳という線であれば、私は今、人生の中間地点辺りにいるのだろう。
これからの人生を充実させるために、いろいろ策を練ってはいるのだが、子供を作って「家族団らん」を夢見るココロのほかに、「社会に深く関わっていきたい」とも考えている。社会とのかかわりはいろいろな形で実現するが、私の場合は、手っ取り早く、仕事で社会と関わろうとしている。

今朝、ダンナの仕事が休みだったので、二人で近くのカフェでコーヒーを飲んでいた。
私たち夫婦は、今、ある選択を迫られている。オーストラリアに残ってこのまま外国に骨をうずめる覚悟で将来設計をしていくか、もしくは日本に帰国して腰を落ち着けるか、という選択だ。

ダンナは長男・一人息子。日本には母親と姉がいる。姉が母のそばにいてくれることをいいことに私たち夫婦は10年好きなことをして暮していたのだ。

外国で暮らしていると、何者にも縛られず気ままな生活ができる。
しかし、気まま=きちんとした保証がない、ということでもある。裏を返せば、自由でいられるのは、自分たちが現地社会から見て蚊帳の外の存在であり、外国人だからということも言えるのだ。もちろん、現地社会に深く溶け込み、すっかりオーストラリア人としての生活をしている人もいる。しかし、少なくとも私たち夫婦は、めっちゃ日本人VERY JAPANESEなのだ。
社会や地元の住民と深く関われば関わるほど、そこにしがらみが発生し、束縛めいたものが生じる。ヒトと深く関わっていく以上、ルールが増えるのは当たり前のことだ。

ダンナはがんじがらめの束縛を嫌い、日本から海外に飛び出した人だったが、日本にいる母親や将来的な人生設計を頭に入れると、日本に帰国することが最も現実的に思えてくる。

で、「日本に帰ったらどういう生活ができるだろう」と二人で考えてみた。
子供ができたら(希望)私はしばらく子育てに専念するとして、その後、私は日本で働けるだろうか、という点だ。
今から妊娠して、子を産み、数年子育てを行うとすると、仕事復帰できるのは40代前半となる。

そこで、皆さんに質問!

地域性や仕事の質によってもモチロン異なってくるだろうが、今の日本の就職事情というのはどうなっているのだろう?
子持ちの40代のオンナが仕事を見つけたいと思う場合、実際の受け皿は結構あるのかな?

日本の転職サイトみたいなものを見ても、堂々と年齢制限を掲げている物が多いので、いったい熟れた大人のオンナはどうやって仕事を探しているのだろう…と疑問に思っているのだが。
それとも、皆、仕事をやめずに、産休を取って元の会社に戻るっていうのが、一般的なのかな?
皆さん、教えてください
スポンサーサイト

テーマ : 家庭と仕事 - ジャンル : 結婚・家庭生活

Comment

老後は海外移住希望・・という方はけっこう多いですよ。
特に子供のいない夫婦に多い。
オーストラリア・カナダは、人気が高いですね~。
でもヒポさん夫妻は、帰国を希望してるのですね。

就職事情は、「正社員」は若者でも厳しい状況です。。
「派遣」でなら・・という企業が目立つ!
ただ、派遣でも、特殊仕事なら報酬はかえって良いですが。
外資系の企業なら、キャリア優先で年齢等の制限は少ないかもしれません。
ヒポさんの場合、語学など生かされる分野が多いかと思います。
私は、一匹オオカミタイプなので、資格を取って独立開業をめざしてます。←たいしたことじゃない

関東の話ですが・・・

私の友人達は(みんなもうすぐ30歳)
出産後に職復帰を目指しましたが
何事にも長く続く子でさえ、続かないほど
子持ちには厳しいらしいです。

なんとか見つけた派遣先で、行ってみたら
子持ち女性に理解がない。約束の就業時間と違う。とか
最初は理解ある事言っておいて、嫌味ばかり言われるとかで
何度も会社転々として・・・
派遣会社そのものも、そういう事を相談しても
横柄な態度で親身になってくれないみたい。
なので「じゃあ派遣会社自体辞める」と言ったら
派遣会社は、担当制のインセンティブ方式になっているらしく
「もう少し頑張ってみましょうよ~。辞めないで」と下手になったらしく
それにムカついて、友人は働くのを辞めたみたいです。
↑説明下手ですみません(汗)

0歳児からの認可保育園の場合
これから職を探す人よりも
すでに会社に在籍している人が優先になりますから
産休のできる会社で、ある程度地位(?)を作って
在籍したまま出産して復帰しようと考えている人は多いはずです。
でも、女性はなかなか地位を築けない・・・
それもあり少子化に拍車かかっているんじゃないのかなぁ~。
なんて思います。
ただ、会社の質もあるので
友人はあと2ヶ月で産休から復帰となった時期に
突然、理由つけられて一方的に解雇されました。
人生プラン台無しだし、会社に騙されたって泣いてました。

出産して終わり。じゃなく
その後もご自分の人生は続きますから
納得のいく形で、仕事できると良いですね!
それにはまず第一に、旦那様の理解と協力あってこそだと思うので
ピポさんは大丈夫ですね!
旦那様優しいもんな~。ホワーン。。。

以上、ネギ情報でした!!

はじめまして。

初めまして。アン<3●歳>と申します。
私は不妊通院歴8ヶ月。只今4回目の人工授精準備中です。

私も”ルナバースディ”でこちらに辿り着きました。
(昨日もそういう方いらっしゃいましたよね!)
ここ数日楽しみに読ませてもらっております。
多分、今日は更新するだろうな~って思って待ってました!

私は5月に退職し先月から専業主婦しております。
気合を入れて挑んだ3回目の人工授精に撃沈し、
「体外受精費用貯めてやる~」って思い来月から再就職しようと思ってます。最近は妊娠出来る自信が無いっす・・・。

仕事事情ですが、私の友達で(知人含)言わせてもらえば、事務系の仕事をしてる人は辞めてしまう人が多いですよ。
キャリア志向の人とか公務員とか(辞めるともったいない)はやっぱ育休取ってる人が多いです。
ちくしょ~!羨ましいぜ!(私も取ってみたかった・・・)

以前派遣で働いてた事がありますが、40代の人が結構いて、
40代でも派遣で働けるんだ~なんて思ってました。
(↑20代の時に思った事なので許して下さい。)

日本に帰って来たら、お住まいはどちらにする予定ですか?
やっぱり都内でだったら気合があれば仕事なんかどーにでもなると思いますよ!
(と、信じてるんですが甘いでしょうか?)

気が早過ぎですが、私的には託児所の方が心配です・・・。

全く参考にならなくてすみませんでした。
又、遊びに来させて下さ~い!















こんこんさん

>老後は海外移住希望・・
私たち夫婦も、老後はまたオーストラリアに戻って来たいね!といっているのですが、老後をのんびりオーストラリアで暮らすにはやはりカネv-426。稼ぐにはやっぱり日本のほうがよさそう。
移民法とか法律的な問題もいろいろあって、いったん日本に戻ったら、もうオーストラリアに帰ってこれないかもしれない、という不安がダンナに二の足を踏ませているみたい。
できればせっかく得た語学力を生かして外資とかで働けたらいいなあ・・、なんて私も夢見てるのですが。うーん。やっぱり正社員は厳しそうね。ありがとうございます。参考になりました。

ネギさん

そうかー。子持ちのオンナに対して職場の理解がない・・・そういう問題もあるのね。うっかり見落としてたわ!
託児所事情とかも結構厳しいわけね。フーム。保育園って何歳から受け入れてもらえるんだっけ。3歳?4歳?
会社で女性の地位を築きにくいっていうのも、盲点だったわ←私、穴だらけかも・・・
ダンナのほうは、私が仕事してるほうがうれしいみたい。もちろん経済的なこともありますが、仕事してる姿に惚れた(キャー、のろけよっ)らしいのでv-413

ん~・・

やっぱ、ぶっちゃけキャリアとかスキルによると思うよ~。
私は前も書いたけど資格もなけりゃスキルはエクセルとワードの
初心者レベルくらい(低っ)だったもんだから、去年辞めた会社に
就職するまで3ヶ月以上(30社以上受けたと思う・・・)かかりました。
当時38だったか9だったかな。なにせ事務(出版事務とか)しか
やったことない人間なものでw取り得と言えば、性格が明るいとか、
電話の応対が得意とかくらい?(苦笑)
ヒポさんは独立してできるくらいのスキルがあるし、語学が
できるんだから都会でだったら仕事見つかると思うなぁ。
問題は、上の人も書いてるけど、保育園とかの方ですかね。
仕事してるとか、「保育に欠ける状況」度が高くないと入れないから。
私なんか下の子、最初は市の一番端っこにある公立保育園が
空いて、仕方無しに片道車で30分かけて送り迎えしてたもん。
預けてから家帰って車置いて出勤ですよ。

保育園以前、治療に通う場合も、理解ある会社は少ないかと・・。
なにせ、本人の都合関係なく排卵日とかはやってくるからw
毎日注射に通え、とか言われた日には、会社に何と言ったらよいやらw
↑これで去年退職したあと見つけた派遣、クビになりましたさwww

表面的には「景気は回復傾向」とかおえらいさん方言ってるけど
回復してんのは、お金持ちとか勝ち組の人たちだけですよーって話。

なんだか論点がずれてた?役に立たん文章でゴメン(゜人゜)(-人-)

アンさん

はじめまして、アンさん。ようこそいらっしゃいました!
人工授精もお金かかりますよねー。私も本格的に不妊スペシャリストのお世話になることにしたため、病院代を何とか稼がなくては・・・と考え中。
東京都内では40代でも派遣でイケるのかあ。そうねえ。もし帰国するとしたらダンナの仕事事情を優先することになると思うから、東京もしくはダンナの実家のある神戸になると思う。
やはり、最後は気合いかっ(笑)。
ぜひ、また遊びに来てくださいね!お待ちしています。

ナンシイさん

3ヶ月ぐらい頑張れば仕事見つかるのかっ!なんか、頑張れる気がするv-91
シドニーでは大学院でた30代前半のオトコの友達(日本人)が「100社面接したよー」と嘆いてた。ここじゃ外人だから門が狭いのかも凹。
保育園、そんなに厳しいのかー。出生率が減って保育園が経営難とか言ってるのを効いたことがあるけど、まだまだ空きは少ないわけね・・・。
確かに不妊治療のために会社を休むってのは、なかなか難しそうね。帰国するにしても仕込んでからのほうが・・・。って、それじゃあ、いつになんねん←一人ツッコミ

難しいかも

女性はやっぱり年齢的なものがありますね。
地域によって微妙にに違うかもしれないけれど、
そんなに大差はないでしょう。
パートやアルバイトならあるんでしょうが、
正社員となると、40歳を過ぎたらグーンと減ると思うなぁ。
かくいう私めも、これから出産、以後復帰となれば、
40代前半から半ば。
かなりキツイかなと思っています。
なんにしてもスキルがあるほうが有利だと思いますヨ!

う~ん

とてもムズカシイお話ですね。
私は運良く育児休暇をとり復帰もできましたが、それでも理解を得るのは大変でした。(以前、ブログで書いたからご存知かな?)
妊娠しても仕事を続けようと思ったら、労働基準法を確認し、それと同等の規定が会社に用意されているか確認する必要があります。入ってからじゃないと調べようがないのが痛いですね。
都会で大きめの会社ならあらかじめ用意されてそうですが、田舎で中小企業となると・・・なかなか。それでも、権利があるので会社に言えるかどうか・・・という個人の問題もあります。
40代の女性が新しい仕事を探すのもなかなか難しいと思われます。やっぱり派遣かな・・・例えば、同じ事務職でも一般事務と経理では時給が全然違うといいますから、得意の語学を生かしたなるべく良い時給の仕事を探せば、正社員と変わらない給料を手にする事ができるかもしれません。
いずれにしても、優先順位があるでしょうから、1位ベビー、2位仕事なのなら、気兼ねなく病院に通えるように仕事を選んだほうがいいと思います。
私も英語ができたらオーストラリアに住んでみたいなぁ・・・なんてったって新婚旅行で行ったのはグレートバリアリーフの小さな島。また行きたい!

そばかすうさぎさん

フーム。やはり40の壁が立ちはだかるかあ。
男性も40超えるとなかなか転職が難しいと思うけど、女はさらにムズカシさに拍車がかかるのねv-406
スキルを磨いて武装するのがよさそうね。
今から資格でもとるかなあ。なんか、ものすごーく偉そうに聞こえる名前の資格とか(笑)。・・・資格とるのに2年はかかりそうだが・・・。

まみさん

以前、まみさんの復職奮闘の記事を見て、むー、なかなか厳しいのねー、と思ってたの!
運良く就職できたとして、育児休暇を行使するには「○年以上勤務していなきゃいけない」とかいう、勤務年数の縛りとかはあるの?
私がまだ日本にいた10年前は派遣はそれほどメジャーではなかったんだけど、今はいろんな職種で派遣社員が活躍してるのね。
仕事も子供も楽しみたい!と夢見てるのですが、楽しめるまでになかなか山あり谷ありですな・・・。
グレートバリアリーフいいなあ。私、10年ちかくここに住んでいるのGBRに行った事ないのよv-406。ああ、まずはオーストラリアも日本でもゆうゆうと老後を過ごすための資金を稼がなければ・・・。

初めまして

こんにちは、いつも楽しく読ませていただいてます。
多分同じような年代の気がするのですが、私は今アジアの某国で働きながら不妊治療を受けてます。
夫は最終的にはカナダ移住が目標で、書類審査は通って面接の連絡待ちです。出産、移住、仕事のこと、頭痛いですよね。私は日本へ帰っても良いのですが、、、。
日本の状況ですが、友人の話と数年前までの私自身の体験からすると、やはり40代子持ちの女性が正社員で就職するのはかなり厳しいと思われます。スキルのある方は40代でも派遣で頑張ってる人も多いようですが、いずれにしても家族のサポートを受けられないとものすごく大変そうよね。日本では男性は子供の病気などの理由では休みを取りにくいですし(女性も、かも)。
って皆さんが書かれてることとほぼ同じでしたね、すみません。
今いる国の日本人女性の仕事状況は、年齢が上だったり子供がいても比較的働きやすいみたいです。あ、勿論本人が働くことを望んでる場合で、働いてない人も多いですが。
日本へ帰って仕事したいと思ったときには望むような仕事はないだろうなと思うと帰りたくないですが、かといって一生外国人として海外で暮らすのも、、、って感じです。
すっかり長くなってしまいました。また遊びに来させていただきますね。

ぱよさん

こんにちは、ぱよさん。はじめまして。ようこそいらっしゃいました!
ぱよさんも海外移住組みなんですね。で、もうすぐカナダ?
私は喜んでオーストラリアに住んでいたんですけど、なんだか歳を経るごとに郷愁の念が・・・。年かのう・・・v-390
家庭のサポートが必要かあ。やっぱり、オーストラリアで子持ちで働くってのと、日本で子持ちで働くっていうのでは、環境がかなり違うのかもしれませんね。マタニティリーブのシステムも浸透しているようで浸透していないみたいだし。
日本の仕事事情も厳しそうですね。でも、オーストラリア人にもなりきれない私がここに・・・。情報ありがとうございます。
また、ぜひ遊びに来てくださいね!お待ちしてます。

派遣会社って

以前、派遣会社に勤務していたことがあります。
その派遣会社は派遣先を特定の業種に絞っていたので、一般的な派遣会社とは少し違うかもしれないのですが、参考までに。
派遣先の会社しだいですが、往々にして年齢はネックになりがちです。特に40代となると。。。
登録スタッフの中にスキルもある、容姿もいい、性格もいい!でも、40代。。。となると営業さんは派遣先に紹介することを二の足を踏んでしまうんですよ。悲しいかな。
その理由の一つが、以前派遣先から言われたのですが、派遣とは仕事の指揮・命令権は派遣先にあるので、派遣先の人が上司となって働くわけです。 派遣先で働いている人が若い人ばかりだと、年齢の高い派遣スタッフを遣いづらい。 スキルが多少足りない人よりも年齢が若くて、扱いやすい人がいいと。。。
でも、発想の転換で、従業員の平均年齢が割合高いところだと派遣先としても、正規社員としても就職しやすいのかもしれませんネ。
派遣は登録制なので登録だけしておいてもいいかも。 外資に力を入れてるところなど色々特色を持ってやってる派遣会社もあるので。
私も子供が出来たら働きたい口です。 少しでも自由になるお金がほしいですし。。。 吉報待ってるんだけどなぁ。。。
(長くなりすみません)

polarisさん

なーるほど。派遣会社の担当さんが、年上の女は扱いづらいと考えるわけですね。うー。私、モロに扱いにくい人かも・・・。従順じゃないし・・・。
できれば若造ワンサカの会社より、大人がバリバリ働いている会社の方が、居心地もいいんだろうなあ。でも、日本の成長企業って、なんか若い人が頑張ってる会社、多いよね。
もう、とっとと子供作って、その後の人生をワクワクしながら計画したいわー。もう、そろそろ神様、お願いしますよ(笑)。

認可保育園は0歳児(生後6ヶ月~)でもOKみたいです。
4月の新規入園に合わせて9月出産をした友達いますよ~(笑)
0歳児に延長保育ができるのかは解りませんが・・・
ただ少子化なのに、保育園に入れない待機児童は多く
・両親など他に手伝ってくれる人が近くにいない夫婦
・夫婦共に、現在すでに会社に籍があること
・母子家庭
などが優先条件らしいです。

保育園費は、延長も入れるとそれなりの大きな額になります。
0歳児から預けると搾乳とかして持っていかなきゃいけないだろうし。
初めてのハイハイとかも見れないかもしれないし。
「それなら自分で面倒見る」
というママさんもいるでしょうね。
特に2人以上子供がいたりすると大変だろうし。

でも、私は
可能であれば出産6ヶ月で仕事したいです。
旦那の給料だけで余裕持って生活できる家庭なら良いのでしょうけど、子供の養育費もかかり大人2人の生活費と貯金・・・これを旦那の給料だけでやってカツカツしているよりも、自分も働きに出たら
お金のかかる無認可保育園に入れて相当出費しても、給料は余る。
お金の余裕度が全然違うと思うのです。

また
家にこもって24時間子供との生活を楽しめるママさんもたくさん知ってますが、私はたぶん追詰められちゃうタイプなので
だったら、仕事してメリハリついた生活した方が忙しいだろうけど
子育ても仕事も、細かい事まで気にしてられないからどっちも気楽にできる気がするんです。

ボケ~っとしてて”妊娠”には無知な私ですが
実は”産後計画”はけっこう綿密に計算しているネギでした(笑)
あとは妊娠する勇気だけ・・・


ネギさん

認可保育園と無認可保育園・・・? もちろん、無認可って違法とかモグリってことじゃないわよね(笑)。私立か公立かってことかな???
わー、私もうすっかり浦島だわv-393
私も24時間子供と接する勇気というか自信がないのよね。仕事する自分と子育てする自分のメリハリをつけて、生活にもハリを持たせたいタイプ。
ネギさん、出産後のプランはバッチリね!後は偶然または必然で子供がお腹に宿るだけ!
あー。子づくりマニアだけでうかうかしてる場合じゃなかったわ。今から、鬼のように日本の保育事情も調べなくては!
ありがとうございました。また、耳寄り情報があったら教えてねv-421

ご質問の件

遅くなりまして申し訳ありませんでした。育児休業を取得するには次の条件を満たしている必要があります。
給付対象は雇用保険に加入し、休業前の2年間に、1カ月に11日以上働いた月が12カ月以上ある人。ということは1年以上働く必要があるということですね。最短で休暇をとろうと思ったら、働き初めて半年ぐらいで妊娠が発覚すれば産休に入るまでに社歴1年ぐらいになっているという計算ですが・・・そんなの泥棒みたいなもんですから周囲から排除されちゃいます(-_-;)
基本的に月給の4割が貰えるのですが、休暇中に貰えるのは3割だけ。残りの1割は復帰して半年後に貰えるといううまい仕組みになっています。休暇だけとって辞められたら大変ですもんね。
でも、3割貰えるだけでも十分にありがたい。
私はあと3ヶ月働くと残りの1割がもらえます!ボーナス代わりだと思って楽しみにしてます。

まみさん

ご丁寧な返信、ありがとうございました!
そうか、やっぱり1年以上働かないと、育児休暇の対象にならないのね。でも、育児休暇中に何割かの給料がもらえるっていいわね!
オーストラリアでは育児休暇は当然の権利として皆主張していますが、休暇中はお給料は全く支払われなかったと思います。
日本に帰国したとして、どこかに就職して、それから育児休暇っていう路線は、私には難しそうだな・・・。子供生んでから、再就職がやっぱり現実的かも・・・。厳しそうですが。
参考になりました。ありがとうございます!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。