スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆、次のステージへ向かっている

オーストラリアは土・日・月と3連休だった。
ほとんど曜日感覚のない私は、3連休があることすら直前まで気づかなかったのだが、一日ぐらいは休日らしく過ごそうと、ケルピーと一緒に日曜日にテニスをする約束をしていた。
が、雨。
人がせっかく遊ぶ気になっている時に、天気に楽しみをくじかれるとは…。

まあ、気分を取り直し、ケルピーの家に遊びに行くことに。
しかし、ケルピーも私も遊ぶ気満々だったところをくじかれたため、いまいち落ち着かない。
誰かを電話で呼び出してこの休日を盛り上がらせようかとも考えたが、これといって雰囲気に該当する人物がいないのだ。

ケルピーは元同僚でありテニス仲間でもある。
1年ほど前まではテニス仲間に声をかければ10名ぐらいはホイホイと集まっていた
が…、今も声をかけれないわけではないのだが、なんとなくわざわざ電話で誘う気もしない。

ケルピーが「みんな、次のステージに移ったんだよ」とポツリと言った。

1年ほど前まで頻繁に遊んでいた仲間たちだけでなく、ケルピーも私も、きっと次のステージに移ったのだ。

「次のステージとは何か」、それは人それぞれ違うのだろうが、私の場合に限っていえば、わいわいがやがや楽しく騒ぎ暮すことよりも、ファミリー形成に目が行っているのだろう。

本来なら、子供が生まれることで次のステージが整うのだろうが、その子供はまだ用意できていない。
私は、いま、次のステージに移ろうとしてもがいている最中なのだ。完全に次のステージに移りきれないから、前のステージにもやや未練がある。

生きているとたくさんの人生の節目があり、その節目ごとに次のステージへと移っていく。
中学の頃、高校の頃、大学の頃、そして独身の頃…いろいろなステージにたくさんの友人がいたが、どんなに気の会う友人であっても、次のステージに大きな隔たりがあれば、自然と距離が離れていく

そういう意味では、ケルピーは前のステージから私の身近にいる。
身近にいるといっても、べったり身近にいるわけではなく、くっつきすぎず離れすぎす、心地よい距離で私の近くにいる。

ケルピーも今、別のステージに移ろうとしているのだろうか。
私と同じように次のステージへ上がろうとしてもがいているんだろうか。

私にもケルピーにもハッピーな次ステージが訪れ、できればあまりそのステージに隔たりができなければいいな…と考える。
つかず離れずの気持ちよい距離で次のステージもご一緒したいもんである。
そういう友達って、必要だと思わない?
スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

Comment

自分は総合的に見ると
周囲の友人達は
既婚はもちろん、2人目出産ラッシュ&家(マンション)購入で
それを目の当りにしています。

年下も年上の友人も
ほぼ、このラッシュの波に乗っているので
疎外感が・・・(汗)

でも
ある日、子持ちの友人達に
「私は出産の意思はある」
と言ったら
「なんだ~。いらないのかと思って遠慮してたよ~」
と言われ、その後何も言ってないのに
妊娠した場合の、色々な手当金の申請方法や
私の住む街の、保育制度まで調べてくれたりして
張り切って(?)ズボラな私の世話してくれています。

女性って特に”ステージ”が変わりやすいけど
もしかしたら、その差は対して大きくないのかも
と思いました。
友達は大切ですね(笑)

私にも20年来の同級生仲間(♀)がいますが、離れたり集まったりしてます。
「ステージ」の言葉でとても納得しました。
現在は2年前より、また疎遠になってます。
自分を含め皆が、それぞれの「次のステージ」の模索中である・・と一致しています。
なので、疎遠は疎遠でも「心地よい疎遠」なのです。
ステージが整ったら、また頻繁に会うような気がします。
今度は皆で、40代で赤ちゃんを抱いてる姿かしら(笑)

ネギさん

私も「ヒポは子供いらないのかと思ってた」とか、よく言われてました。
でも、最近子作り宣言をしてから、先輩妊婦たちがいろいろとアドバイスをしてくれる(笑)。
どうやら、そっちのステージに移りつつあるようです。
でも、子供ができたら、またフルタイムで働くオンナになりたい。
できれば、仕事&ママをどちらも全力でこなせるという、憧れのステージを夢見てますv-352

こんこんさん

20年来の友達と心地よい距離を保って付き合いを続けられるって言うのはすばらしい。うらやましい。
私は居住エリアをシドニーに移してしまったからかもしれないけど、昔からの友人って言うのはほぼ連絡が途切れてしまってる。
私の場合、「働く女のステージ」から「ママのステージ」へと移ろうとしているんだけど、いま、仮に籍を置いている「不妊のステージ」をどう脱却するかを模索中・・・。ええ、仮の在籍ですから。仮の・・・(希望的観測)

私は会社に入ってすぐに寮に入り(家から会社まで30分の距離でしたが)その2ヵ月後には転勤で静岡にそのあと1年で2回転勤をして
今、石川県に落ち着いてます。^^;
中学時代の友人からたまには帰ってこいと言われますが、私がこっちに遊びに来なよと言うと、何でお前に会いに行かなあかんのや?と
言われます・・・(汗)
もう3年ぐらいあってませんが以前と変わらない付き合いをしています。
そして気がつけば中学からの友達で結婚していないのは私だけになってました(笑)

ペルソナさん

ははは。私も友人に「シドニーに会いに来て」というと、きっぱりと断られます。でも、地元に帰ったときのなんというか、安心感というか、そういうのも応えられないよね。
ミニ同窓会みたいになって、つかの間、在りし日の夢を...。
でも、同窓会は数年に一度だからいいのかも、なんて思ったりもします。ああ、猛烈に学生時代の友達と遊びたい気持ちがわいてきたぞー。ダンナもヨメハンもガキどもも横に置いといて、すっかりタイムスリップできる同窓会があれば、もう、すぐにでも参加したいっ!
って、わたし、シドニーか・・・凹

変化のせいか、どんどん色々な人々と疎遠になっていきますな。
それでも昔みたいに繋げる努力をしなくなったというか…どこかで「もうこの縁は切れてもいい」という人も。これは単なる相性だと思うけど。

つかず離れずくらいの方が長続きしますね~。べったりしすぎてしまうとちょっとした変化ですぐダメになってしまう。友情も恋愛となんだか似ていると思ったり。

ステージか~。なんか納得。

蘭子さん

たまたま生活している環境が似ていて、日常の話題が似ている人とはべったりと仲良くなりやすい。もちろんその中でも長続きする人もいるけど、そういう友情の場合は環境の変化で「あれ」って思うぐらい簡単に関係が途切れたりするような気が・・。
環境とか今ある状況に関係なく、ココロで共感できる人というのは、友情でも愛情でも細く長く続きますよね。
昔CMであったよね「少し愛して、長ーく愛して」って。そういうの、もしかしたら一番心地いいのかもね。

ステージ

ヒポさんのお友達の「ステージ」という言葉、妙に納得してしまいました。
確かに、学生時代→社会人(独身)時代はそう大して変わらないのだけど、結婚、それから妊娠・出産というのはステージが変わってる気がします。
そのステージの距離が近ければなぜかずっと仲良くできるし、そうじゃないと離れてしまったりしますよね。
ステージが違ってもその差が小さい友達って、私もすごくすごく大切だと思いますよ☆

サキマルさん

そうですね。学生時代も社会人(独身)の時代も、自分の生活は自分のためだけにあったような気がするけれども、結婚したらダンナも自分の中心の一部になり、子供ができたら子供も自分の中心部に居座る。自分だけの意思で自分のステージを決められなくなってくるのかも。
そういう事情で、大人のオンナは年を経るごとに友人の数が少なくなっていくのかもね。まあ、少数精鋭ってコトで(笑)。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。