スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮算用

ヒポ子も今月25日で6ヶ月になり、すっかりママ界にどっぷりと漬かっています。昔から「なぜ小さな子供のいるオンナたちはやたら集うのか」と不思議に思っていましたが、今、そのなぞが解けました。

ズバリ、子供と二人きりで過ごす時間が長すぎて、間が持たないわけです。生後まもなくのころは、出かけるなんてとんでもないほど忙しい日々をすごすもんですが、子供も4ヶ月ごろを過ぎると、世話にもなれるし、子供もあまり昼寝をせずによく遊びます。となると、子供と一緒に遊ぶのは、必然的に家にいる母親の役目となるのですが、「いないいないばあ」や「よしよしだっこ」程度では、4時間も5時間も遊びが持ちません。
そうなると、同じ月齢ぐらいの子供を持つ母親同士が集い、そのマンネリ化したお遊びに新しい風を入れたくなるわけです。

それとともに、先のことをより現実的に考え始めるのもこのころ。今までは目先のことに追われて、先のことを考える余裕もあまりなかったのですが、そろそろ時間ができてきたからなのか、またもや関西出身のオンナらしく金儲けの算段を目論んだりします。

産休で会社に戻る予定の人は、はじめからしっかり復帰計画がありますが、私はフリーランスで原稿を書いたり、家でほそぼそ起業していたようないい加減な身の上ですから、また一からのプランニングが必要です。

就職することを考えないでもありませんが、正直、今のシドニーではキツイかも。いわずとしれた大不況に加え、外国人であり、子持ちの40オンナとなると、新たに就職するのは結構厳しそう。となると、「またもや起業か?」と、行き着くところは金儲けの算段となってしまうわけで…。

オーストラリアは仕事事情は悪くありません。しっかりした企業に入ると、かなりの収入が見込めます。普通に仕事してればそれなりに稼げます。なんてったって、政府の定めた最低賃金のベースが高い。スーパーのレジ打ちで時給1800円ぐらいもらえるのです。

それでももちろんダークサイドはあります。オーストラリアに暮らすほとんどの日本人はこのダークサイドにいるといっていいでしょう。オーストラリアで幼少期から教育を受けた本物のバイリンガルでない限り、やはり日本人の英語は外国語の域をでません。手に職系の仕事は別にして、一般の企業に勤める事務やら営業やら企画やらは、下手な英語を話す外国人よりもコミュニケーションがスムーズなオージーを雇うほうがいいに決まってます。

これは、日本でも同じこと。流暢に思えてもやはり外国人の話す日本語はちょっと違和感があることがほとんど。よほどのスキルが認められない限り、同じ能力を持った2人がいれば、母国語として日本語を流暢に話す人のほうを採用するでしょう。

オーストラリアでもまったく同じことが言えます。で、そのエセバイリンガルの日本人はどうするのかというと、やはり日系企業に勤めるか、日本語を必要とされるポジションにつくか、のいずれかとなります。そして、その場合、往々にして給料が安い。現地のオージー企業に勤める人たちの3分の2ぐらいかもしれません。いや、ひどいところでは半分ぐらいかも。
これ、驚くことに日本の名だたる一流企業のオーストラリア支社でも、同じようなことが起こっています。現地に暮らす日本人を安くたたいて使う。オーストラリアの最低賃金に反しているケースがほとんどといえます。でも、それらがおおっぴらにならないのはどうしてか。それは、日本企業に勤めるしかない現地の日本人が、その数少ない職場を奪われることを恐れて沈黙を守っているからかも知れません。

こういう事情があるからなのか、オーストラリアに滞在しているのは20代~30代前半の若いオトナたちが多いのです。というのは、ある程度の歳になると、薄給でこき使われることに嫌気がさすだけでなく、子供なんかができると実際に生活ができなくなるのです。それで、日本に帰国する40代日本人が続々と後を絶ちません。そして、永住組女性のほうが圧倒的に多い。これは、オージー男性と結婚して経済的安定を得ることができるからでしょうね。
日本人男性?ご想像どおり、日本人男性とオージー女性のカップルはです。残念ながら日本人男はモテないんだなあ。日本人の男は、実に精神的に幼稚な人が多いので、オトナの男を好むオージーにバカにされてしまうわけです。

さて、40歳を超えた日本人夫を持つ我が家。このままオーストラリアでハッピーに暮らすには「やはりここで私が稼がにゃあならん!」。てなわけで、ヒポ子が1歳半~2歳になるころを見計らって、金儲け大作戦を練っております。

夢破れて日本に帰国したとしても皆さん暖かく迎えてください…。でも、景気の冷え込んだ日本に帰っても、そこにはさらに厳しい状況が待ってるだけだったりして。でも、ヒポ子のために母ちゃん、がんばるよ!
スポンサーサイト

Comment

ヒポさんのバイタリティー、すごいです!
私は何をするにも最初に諦めちゃうきらいもあり…、
腰が重いのもあり…、ヒポさんを見習わないとです。

実は旦那のご両親は40代で日本に移住(永住)してます。
4人の子供と一緒に。
2人はすでに成人してたんですが、
下2人は15歳の姉、8歳の弟(旦那)でした。
訳あって日本に来たものの、仕事のコネがあるわけでもなく、
日本語がわかるわけでもなく、みんなゼロからのスタートでした。
旦那以外は学校へ行って日本語は覚えておらず、みんな仕事で覚えたそうです。
すごい苦労したんだと思います…。

仕事のできるママさん、尊敬です。
ヒポさん、素敵なママさんまっしぐらですね!

No title

うぅ~む・・・
オーストラリアに長いこと住んで、日本人からしたらペラペラのバイリンガル(あらゆる意味で、とてもうらやましい存在!)なヒポさんでも、そういう現実があるんですね・・・。

同級生男子で、高専出てそちらで働いて、最終的にそちらで結婚したのが
いるんですが(相手が何国人かは不明)
彼はどうしてるんでしょうか・・・。
高専で印刷の特殊技術を学んだらしいので、喰いっぱぐれは無さそうだけど
厳しそうですね。何せ45歳だしw

それにしても、ヒポさんの金儲け法、気になるなあ・・・・・w

No title

ヒポ子ちゃん6ヶ月おめでと~~~
ってことは、私もこの年齢になって早半年!あと半年するとまた次の年齢じゃ~~~~(T_T)

子供は可愛いですね。
私は慣れない1人目育児の時でも娘が6ヶ月になった頃から、ただただ可愛い存在になり、その後彼女が3歳になる頃までそれが続き・・・それは楽しかったものです。今は息子がそのド真ん中。
ヒポ子ちゃんも、キャッキャ笑ったり、泣き顔を見せたりそれは可愛いことでしょう。

母は強いですね。何としても生活していかなければいけないですもんね。
日本人男性が精神的に幼稚・・・というのはどういうことを言うのでしょうか?日本にしか暮らしていない私には??ですが、家の中で威張るとか、男尊の考えとか・・・そういうのですか?

No title

ちょっと、ちょっと~。
記事の内容だけ考えると
けっこうシリアスな感じもするのに
ヒポさんの文章が上手いから
なんか、すんげ~面白い系の「ためになるコラム」
読んだ気になちゃったYO!(汗)

スーパーのレジで¥1,800っすか?
そんなに貰えるなら就職なんかしなくても
十分潤って生活できそ~だな~。
それとも、なにかカラクリが?
ほら、日本人ってバイトでも社員でも
無給計算になると解っていても
残業したりして、長時間 職場に拘束される事を
拒否しないって感じあるじゃないですか?
でも、そちらの方はビジネスライクというか
なんつ~か、サクサクと割切っていて
「1日5時間勤務。時間きたら帰りますから」
みたいな感じなのかなぁと思って。
しかも、賃金問題も、日本人みたいに
押黙って耐え忍ぶみたいなノリじゃなくて
どんどん雇用主に主張するのが普通だから
時給がスーパーでも¥1,800という
これが日本だったなら、田舎町にある
フロアーレディの時給みたいな高給になるのかなぁ。と。

結婚して、子供産んで
「さぁ、私と子供を守って頂戴ね」的な事を
当然顔で旦那に求める嫁よりも
ヒポさんのように、前を向いて
「獲りに行けるなら自分で行くし」ってな
アグレッシブな女性は、憧れます。
私も絶対に見習いたいっす。

夢破れ帰国しちゃダメです~。
成功して、逆に呼んで欲しいっす(笑)

はんださん

いやいや、バイタリティとかそういう以前に、やらなきゃ食べていけないもんで(汗)。旦那さんのご両親はきっと私よりずっと苦労していると思いますよ。日本はオーストラリアとは比べ物にならないぐらい排他的ですし、ほぼ日本人ばかりしか住んでいない国ですから。
その点、オーストラリアは多民族国家だし、外人に寛容です。そんな恵まれた環境で弱音を吐いてちゃあかんなあ、私も。がんばるっす。

コジローさん

実は私、長年オーストラリアに暮らしてはいますが、英語はあんまり上手じゃないです(恥)。オージーと結婚して、日常生活が毎日英語という人に比べたら、ずごくヘタクソです。
同級生の方、きっと技術職ならこっちでよい待遇に恵まれてるんじゃないかと思います。やっぱ、手に職はツヨイ!
金儲け法ったってたいしたことないっす。ごくフツーの商売をいかに失敗なくできるか、現在模索しているところで・・・。今度は地に足の着いた商売始めれたらいいなあ。

まみさん

そうそう。ヒポ子と同じ誕生日のまみさん。なんか、親近感わいていいわあ(笑)。ヒポ子も今が可愛い盛りなのかしら?3歳ぐらいまでが可愛いときというのはよく聞くので。今を存分に楽しまなくては!

そうですねえ。日本人の男性が幼稚と見られるのは、やはり女性に甘えるからだと思い生ます。見た目に甘えるんじゃなくて、精神的に甘える。たとえば、共働き夫婦の場合、どちらもフルタイムで働いているなら、外でのしんどさは五分と五分のはず。それなのに、なぜか家での家事では女性がやるものと信じている、とか、そういったとこかな。

つまり、女性に負担をかけて平気でいるところ。これはたぶん日本の文化のせいでしょうね。「浮気は男の甲斐性」という言葉かまかり通ったり、自分の勝手な性格やライフスタイルのせいで女房を泣かせても、その女房が自分についてくるってのを武勇伝のように語って許されてしまう。そういう、男性を甘えさせる土壌がどっぷりとあるので、大切な人に負担をかけたり、悲しませても、それに耐えてくれることを望み、また、それを愛情だと信じて満足してしまう。あー、ちょっと自分で書きながら、いやになってきてしまった・・・。

あっちさん

いや、ホント、日本もそうでしょうが、オーストラリアのフトコロ事情もキビシー。いやおうなく女房が働かにゃあならない状況になってきました(汗)。

オーストラリアのレジの時給いいでしょう?もしかしたらインフレが続いたシドニーのみの状況かもしれませんが、まあ、悪くないっす。でも、もちろんここにもダークサイドが。オーストラリアには移民が多く、言語やスキルの点で何ありの場合、その移民は安く使えるので、裏ではもっと安くで人材確保をしているものと思います。

こっちの会社員は待遇いいよー。でも、会社の業績が悪かったり、仕事ができなかったりすると、すぐに首を切られるシビアさもあるので、一長一短かも。私の友人が勤めるオーストラリア最大手の銀行では、この不況のあおりを受けて、友人の部署だけで社員の3分の2が首を切られたとか。ウーム。

No title

その後、ダイエットは順調ですか?

うちもそろそろ6ヶ月になります。

ヒポさんは関西出身だったのですね。
私も同じく関西出身なんです。
またまた共通点発見!

金儲け大作戦成功を祈ってますね。
結婚後、私も何かやりたいなとちょこちょこトライするのですが
一向にモノにならずです。
自宅でアロママッサージのサロンをと夢見てスクール通いしましたが
私がアロマに弱い(頭痛などの症状が出て…)ことがわかり
儚い夢となりました。とほほほほ

とんとんさん

おお。関西出身ですか。金儲け大作戦、いつも初めは勢いがあるんですが、ちょっと現在は頓挫中。なんか、ますます子育てが大変になってません?もう、動き始めて大変~。しかし、金儲け、ヒポ子のために何とかせにゃあ、なりません。母ちゃんは大変だ・・・。

こんにちはー

初めまして。海外の子づくり生活など検索していたらたどり着きました。私は在米10年なんですが、こちらも日本人が働く環境は厳しいですねー。特に最近の不況の荒波で、あれ、あの方いない、帰国??みたいなことが日常茶飯事です。ラッシュアワーの渋滞も減ったし。。世知辛い世の中ですね。そんな中、不妊治療に専念すべく、昨年末で会社辞めちゃいました! 時代に逆行した決意ですが。。。ただいま、36歳不妊治療中で、ちょっと暗くなりがちな赤ちゃん待ち期間ですが、なんとか笑顔でがんばりたいなーとヒポ子さんのブログを読みながら感じてます。これからもちょくちょくお邪魔させてくださいね。
ーちなみに私も関西人です:)

kaiさん

こんにちは。ようこそおいでくださいました。返信が遅くなってすみません!
kaiさんはアメリカですか。そっちも今、きついでしょう?なんせ不況の発祥地だし(笑)。
海外での不妊治療は大変なところもありますが、結構、みんなあっけらかんとしているので、前向きに頑張れました。kaiさんにもかわいい赤ちゃんが授かりますように!お祈りパワー注入しておきます。ムーーーーン。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

超速英語脳

こんにちは。貴ブログを拝見しました東川です。日常生活に役立つ情報を提供することを目的としてサイトを運営しており、貴プログ訪問者の方にも興味ある情報だと思いトラックバックをさせていただきました。今回はバイリンガル能力をマスターする夢のノウハウ英語・英会話...
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。