スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビッチ大国

オーストラリアのオンナは「bitch」である。私も日本人にしては相当ビッチだと思うが、オーストラリア女に比べたら、私のビッチ度などかわいいもんだ。
もちろん、素晴らしい大人の女性もたくさんいる。だが、往々にしてビッチが多い!

まず、オーストラリアでは「ジェントルマンたるもの女性と子供には優しくしてあたりまえ」という教育が、家庭でも学校でもなされる。そのため、オンナは基本的に優遇されて育つ。たとえば、狭い道ですれ違うとき、道を譲るのは決って男性だ。女性は譲られて当然という顔をする。また、スーパーで買物するとき、たまたま2人の人がひとつしかない商品を同時に買い求めた場合、これも緊急性がない場合、男性が女性に商品を譲る。

そういう優遇されて当たり前という風潮から、オーストラリアンビッチは確実に横柄さを増していく。
学校制度の中、男女とも体罰は許されないことだが、特に男性教師が女生徒の腕や頭に触っただけでも、セクシャルハラスメントであるといわれる。そのため、学校にどんなに躾のなっていない悪童がいても、男性教師は女生徒には文字通り指一本触れられないのだ

ある時、ダンナがケアンズに遊びに行った。日本人の友人と道を歩いていると、男1名+女2名の高校生が無効から歩いてきたそうだ。道をすれ違う際に、ダンナとその友人は身体をよじり道を譲ったらしいが、その中の一人の女子高生が明らかに故意的に自分のバックパックをダンナの友人に思い切りぶつけてきた。

呆然とするダンナの友人。それを見たダンナは、「ちょっとまてーい。俺等は道を譲ったンや。それにもかかわらずカバンをわざとぶつけるとはどういうこっちゃ」としかりつけたらしい。そうすると、高校生グループのオトコは後ずさりし、女二人がダンナの前に立ちはだかる。そして女一人がなんとダンナの髪の毛をつかみ、顔につばを吐きかけたのだ!

もう、これを聞いたとき、私のはらわたが煮えくり返った。私のダンナに何をするねん!「なんで、殴ってやらなかったのよ」と腹立ち紛れに聞くと、「ムカついたでー。でもな、この国では何があろうが、オンナに手を上げたら男の方が悪いことになるんや。手をつかんだりするだけでもそうや」という。

あまりに頭にきたので、ケアンズの警察に被害を報告したらしい。しかし、警察もこんな事件は日常茶飯事らしく、「そうか、そうか。ひどい目にあったなあ」と気の毒そうな目で見るだけ。

こういった非常識なビッチは田舎に行けば行くほど多くなる。私の住んでいるシドニーやメルボルンにはなかなかそこまでのアホなビッチはいないが、ケアンズやパース、アデレード辺りに行くと、ココロの広い大らかなオージーおばちゃんがいる一方で、物事を勘違いしている10代のビッチがうようよいる。

どうして私もケアンズに行き、その現場にいなかったのだろうと今でも歯軋りするわ。女同士の喧嘩なら両成敗でしょうよ。どつき倒したんねん!
スポンサーサイト

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

Comment

これはヒドイですね!!
優遇されるのはいいけど、ものの善悪っていうものを
キチンと周りは教えないといけないですよね。
ジェントルマンが女の子にヘラヘラ優しいのは、仕方ないとして
大人の女性が、何も注意しないのかしら!!(これが不思議・・)
女同士の喧嘩なら両成敗・・ってことは、実際には起こらないの?!
・・・コレは、ヒポさんの出番だね(笑)

日本も子供の問題が多いけど、オージーは、オージーで・・あるんだね・・。

こんこんさん

もう、ほんとにアタマに来るガキがいるのよ。大人の女性でもビッチは多いです。そういうビッチの子供がビッチになるんだと思うのよ。
オンナ同士の喧嘩も結構あると思う。でも、圧倒的に女が男に喧嘩を吹っかけるほうが多いよね。絶対手出しされないと思っているガキがいるから。しかし、世の中はそううまくは行かない。オーストラリアにだってDV男がいるのです。しかし、DVの取締りがかなり厳しいから、女が訴えでたら、やはり男は負けるね。
どこの国もそれぞれ問題を抱えてるのよね。ホント。

初めまして。

素敵な大人の女性とか検索してたら、こちらにたどりつき時々覗かせてもらってってました。。。いろいろ、参考にさせてもらってます。

私の住むアメリカも、かなりなビッチ大国ですよぉ。
もちろん、行き場に困った私の日常での出来事の怒りは、当然夫に向かいます。車の運転マナーやヒポさんの書かれている、道の譲りあい等、ホント常識なさすぎ、pleaseって言葉知ってるの?ってくらい、非常識人・お姫様人間が多いです。

お気持ちお察しします。。。。

唾を吐きつけられただんな様も、さぞかし悔しかったことでしょう。ホント、やり場のない怒りですよね。

hanaさん

こんにちは。ようこそおいでくださいました。
アメリカ、うん、ビッチが相当多そうですね、そこも。
もう、オーストラリアのビッチも、自分のことを棚に上げて、他人を攻撃するのは大得意ですから。
ダンナ相当むかついたそうですが、アホに腹を立てても仕方ない、と大人な判断をしたそうです。
もう、今からでも私が殴りにいきたい。

なんじゃそりゃ~!!!!!!
マジで・・・マジでムカつく!!!

そんなアホな女に育ててしまう
環境もそうだけど、その家の母親は
どういう教育をしてるんでしょうか。
シャレにならんでぇ~!!(怒)

しかも髪を掴んで唾って・・・
そんなヤツ、私の目の前で起きたら
確実に殴ってます。グーで。
ヒポさんもさぞ腹立たしかったでしょう!
旦那様は間違ってませんっ!
むしろモノ申した素晴らしいサムライ魂っす。
あ~探し出してマジで殴ってやりたいっす凹

日本でも若い子ほどダメっすね。
街中歩くと、背中も腰もケツも半分以上出したような
もはや露出狂にしか見えないファッションの女の子が
その年齢でよく買えるなっつーぐらい
大きいブランドバックを彼氏に持たせて
先頭きって偉そうな面して歩いてますよ~。

彼女にブランドバックを貢ぎ
そのバックを自ら持たせられる男には
もう侍スピリッツは無いと判断できます。

若い時って確かに無敵な気分になります。
それは解ります。ね?ヒポさん?(笑)
でも、あんなヒドイ感じなのは間違いっすよね~。
きっと海外でのレディーファーストっつーのが
日本に間違って浸透しているんでしょうね。
でも海外でもそんなのがいるなんて・・・ショックっす凹

あ、うちの旦那は結婚した時21歳で
九州男児よろしく「女なんて」って人でしたが
私が1から少しずつ教育して
今はドアを開けてあげるとか、荷物を持ってあげるとか
服や髪型を誉めてあげるとか
降り階段で手を差し出すとかを言わなくてもできるようになりました。
私以外の女に(爆)
どうなの・・・それ・・・



あっちさん

マジでむかつくでしょー。どこの国に行ってもアホはアホなんです。
オーストラリアはレディーファーストを信条としているところがあるから、そういうアホをさらに助長させる危険がいっぱい。
確かに私も若かりし頃は、かなりのビッチだったことは認めますが、でも、相手の人格を踏みにじるようなルードなことはしませんでしたよ。
うちのダンナもやっと最近、買物の荷物を持ってくれるようになりましたが、基本は「わしゃ、オトコじゃ」のタイプです。初めは金髪のお姉ちゃんにウハウハ言っていましたが、このビッチぶりをあちこちで体験したためか、オージー女と結婚はできん!といいきっております。
しかし、あっちさんのダンナ、せっかく身に付けたレディーファーストのマナーを、あっちさんには発揮しないとは・・・。照れてんのかな?

お久しぶりです。

nonoyuriです。半年間更新していませんでしたが、リンクを残していただいてありがとうございました。ただ、ブログを終了してしまいましたのでご報告いたします。

先月、男の子を出産しました。新しい生命力に感謝する日々です。ただ、先天性の疾患をいくつか持っていました。それは妊娠6-8週のごく初期に発生したらしく、ほんとに初期の初期の重要性を痛感させられます(AIHと関係あるのかはわかりません)。

落ち着いたらまたこちらに遊びにきますので、その時はよろしくお願いします。それではお元気で。ヒポさんとブログを通じて出会えてよかったです。ありがとうございました。

nonoyuriさん

お久しぶりです。そして、ご出産おめでとうございます。出産間もなくの3ヶ月は、母親が最も忙しい時期だと思います。身体も心もいたわって息子さんと一緒に頑張ってくださいね。
ブログを併設してしまうとのこと、残念ですが、ぜひ、また遊びにきてください。

ひどいですね・・・・・・言葉がない。
同姓として、恥ずかしいですよ。そんなの見たら。
もちろん私もグーで殴ってる派ですw当然。

日本だったら間違いなく「傷害罪」ですよね(怒)
それにしても・・・ヒポ夫さんは偉いですねー!
偉いって言うか、大人?涙が出てきます・・・。
なんだかオーストラリアのイメージが崩れちゃいました・・・。アメリカもそうなのかなぁ(ため息)

ナンシイさん

オーストラリアは世界的に見たら比較的人種差別は少ないと思うけど、女性のビッチ度はかなり高めだと思います。
うちのだんなが我慢したと聞いて、私は怒りでわなわな震えました。もう、本当に「ど突き倒したるねん!」と今でもいきまいています。
ケアンズに二人で殴りこみに行きましょう。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。