スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いい加減な日本企業へ怒り爆発

ヒポの取引先に日本のとある旅行関連会社があるのだが、信じられないぐらい、ズボラで人任せである。ヒポのイメージでは、「日本人はきっちりしていて仕事も細かい=信頼できる」という図式があったのだが、取引先の旅行関連会社と仕事をするにつけ、決してそれは真実ではないと感じる。

取引先のAさんは、一応、その会社の代表である。しかし、仕事が遅いしいい加減だ。そして、自分の仕事の遅さやミスが招いたトラブルの処理を、人に押し付けようとする。とにかく図々しい。

日本人がオーストラリアに来たときに、よくいわれるのは、「オーストラリア人はレイジー(怠惰)で、いい加減。あまり働かない」などと聞くことが多いと思うが、私から言わせると笑止千万。日本の勤め人のほうがよっぽどいい加減である。

オージーは自分の仕事をほっぽらかして、仕事の尻拭いを他人にさせることなどない。もちろん、中にはどうしようもない人もいるのだろうが、一般的には、どんな職業についているにせよ、プロ意識がある。自分の仕事をよくわかっているし、自分の仕事の範疇のことは自分の責任として片付ける。人のせいや会社のせいにしない。

しかし、Aさんの場合、自分の仕事の境界線がどこなのかよくわかっていないのか、それとも、仕事に対する責任感が極端に薄いのか知らないが、とにかく人に迷惑をかける。それで、その会社の代表をやっているというのだから恐れ入る。

もちろん、これはAさんの話だが、しかし、日本の企業人の中にはAさんに近い人がたくさんいる。いい加減なのである。できないことをできるといってしまい、他の人に押し付けて自分はいい顔をする。トラブルを発生させないために事前に伝えていることを、正確に当事者に報告しない。もしくは、全く報告しない。リスクマネジメントが全くできていない。オーストラリアで働いていたら、間違いなく訴えられるぞ!Aさん。

何かトラブルがあっても、「すみませんでした」で許してもらえると思っている。自分の問題を会社の問題に摩り替える。「僕のミスは会社のミス。会社が謝るから許して」といった、ぶっ飛びモノの責任感のなさ。「今後、気をつけます」といって、許してもらえるのは、社会人1年目のド新人だけだよ。

今のプロジェクトが終わったら、二度とAさんとは仕事はしないつもり。Aさんと一緒に仕事するだけで、フツーの仕事の3倍は手が掛かる。はっきりいって、迷惑です。いまだに怒りがおさまらない。プロとプロの仕事として、信頼で成り立っているオーストラリアのビジネスを汚すな!バカヤロー。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。