スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夫婦愛の遅すぎる目覚め

人は弱っているときほど、恋に落ちやすいというが、「フーム、そうかも」と最近考え始めている。
病気のときに看病してくれた人を好きになり、そのまま結婚。という話もよく耳にする。患者と看護婦さんっていう組み合わせも聞いたことあるし。

私の場合、過去3●年かは、まったくもってそういうタイプではなく、どちらかといえばラブラブハンター
気に入った男を見つけて、自分の彼氏にしてしまうことを至上の喜びとする。オトコか、わたしゃ…。

弱っているときに助けられて、恋に落ちるというロマンチックな環境にはあまり反応せず
「恋はアドベンチャーよ。冒険が私を呼んでいる~」ってな具合だったのである。

したがって、優しく誠実な男にはあまり縁がなく、どちらかといえば自分と同じようなラブラブハンターが私の周りにいたような気がする。

しかし、今回、結婚後にいざシリアスな病気になってみて弱ってからはじめて気づいた。夫のありがたみ。

私たち夫婦はおしどり夫婦とは程遠く、喧嘩になると激しい口バトルを繰り広げるある意味、熱い夫婦だが、今回ばかりはダンナのやさしさに惚れ直した

そしてやっと気づいたのだ。
そうだ。人間は弱っているときに恋や愛に目覚めやすいのだ。

今思うと、過去に私が弱っていたときには、ほとんど友人や家族に世話をしてもらっていたのだ。上記のようにやさしく誠実なオトコと縁がなかったため、弱っているときに介抱してくれる男がいなかっただけなのだ。
さらに思うと、ひとつ大いなる失敗といえる恋愛があった。恋愛と呼ぶのはどうか、といぶかしくなるが、まあ、第一級のズルくてどうしようもないオトコと付き合ったことがある。それは、やはり私が弱っていたときに、たまたま私の周りにいたからなのかもしれない。

弱っているときは恋のチャンスでもあるが、悪いやつに込まれるピンチでもあるわけよね。

そう思うと、今、ダンナがいて誠実に接してくれていることは、本当にありがたいことだわ。
両親をすでになくしている私は、夫婦はしょせん他人。私は天涯孤独だと思い込み生きていける強さを身につけようと、かたくなに肩肘を張っていたが、今、初めて「だんなに守られている」と感じ始めた。

これ、結婚10年目にして、やっとほんとの夫婦になったってことかしら。夫婦愛に目覚めるのが遅すぎるかも、私。
これからはダンナもピーちゃんたちと同じぐらい可愛がってあげよう。って、今までピーちゃんたち以下かい!

いや、ピーちゃんたちは私がいないと生きていけないけど、ダンナは生きていけると思ってたのよ。
でも、これからは私もダンナを守ってあげよう
スポンサーサイト

テーマ : 日々のこと - ジャンル : 結婚・家庭生活

Comment

素敵ですね☆

なんだか羨ましいです。素敵な旦那様なんですね。
子供って夫婦の絆があって、初めて授かれると思います。
今年きっと、ヒポさん家に、こうのとりさん来ますよ!
そんな気がしてなりません。
私はやっと本格的な生理が来て喜んでおります。
排卵しなくちゃ赤ちゃんできませんものね。
お互い今年こそ家族が増えると良いですね。嬉しい報告
待っています♪

ゆうゆうさん

自分が元気なときにはだんなの欠点ばかりが目に入り、即喧嘩が勃発してましたが、今回のことで、「あー、いいダンナだったんだ」と思うようになりました。
気持ち的にはいつでもカモン、ベイビーって感じです(笑)。
今年こそはママにならねば、あとがあまりない私凹。
ゆうゆうさんも私も新たな命が授かるといいですね!

弱ってる時は恋に落ちやすいです←私も体験済み
だからこそ、人は一人では生きていけないんだなぁ~と思ったりします。
厳しい世の中を二人で手を取り合って渡っていけば・・心強いですしネv-91

ヒポさんは、10年の熟成期間を経て、今ホンモノの・・味のある夫婦になったのかな!
その引き金が、数ヶ月前の体験だとしたら・・
夫婦愛を再確認させた良い経験ということになりますネ!
↑なまいき言ってごめん~

このタイミングを、ベイビーちゃんが、見計らっていたかもしれませんよぉ~v-282v-347

こんこんさん

こんこんさんも、弱っているときに恋に落ちましたか~。
本当に人間は一人で生きていけないってこと、身にしみました。
ダンナが必要な人だってこともよくわかった。
数ヶ月前の体験はかなりイターイものだったけど、悪いことばかりじゃなかったのかもね。
このタイミングをベイビー、どうか見逃さないでくれよっ(笑)。
家族を形成する心の準備は整った!

遅い始動ですみませ~ん(汗)
今年もよろしくお願いします☆

弱っている時って私はダメです。判断ミスしやすくて・・・
そんな時ほど慎重にしたらいいのに、できない(笑)
でも、そんな時ほど相手の人間性がでる時でもありますよね~。
普段はなんでもいいけど、自分が追込まれたピンチの時に
どんな風に対処してくれるかで、相手への信頼感って違うと思います。
ピポさんの旦那様はきっと懐深いんでしょうね!
羨ましい・・・

旦那様を守るってピポさんの感覚好きです。
私もそうですよ!
「女だから男に守ってもらうの」って感覚では、家族としては心細いし、そんなんではいざ何かあった時に旦那がダメになれば共倒れじゃないですか。相方に何かあれば、自分が背負えるくらいの自分でいたいし、自分に何かあれば任せきれる相手であれば完璧ですよね。
夫婦っていいもんっすね~・・・

ネギさん

私も弱っているときに、一度、痛恨の判断ミスを犯しました。それからというもの、弱った自分をあまり表に出さないようにしていたんですが、今回はボロボロでした。そのときのダンナの優しさに感動したわけっす。
ネギさんのお互いに守りあう精神、私も大賛成。夫婦なんだからお互いサポートしあわなきゃね。守られてばかりいて男女平等もへったくれもないもんじゃ。いい意味でイーブンでいたいよね。

うんうん・・・(TдT)
なんだかひさびさに良い話を聞いたです。
奥さん(ダンナさん)が病気や、心的に弱っているときにちゃんと優しく出来るパートナーって、本物の良いパートナーだと思います。
大抵、自分を優先しちゃって「自分のほうが辛いのに」とか
「そんなに大げさに弱ったってどうせ大したことないんだろ」とか
心が狭い人だと思っちゃいますよね。
私はこちら↑が体験済みです。・゚・(ノд`)・゚・。
ヒポさんは、本当に素敵なソウルメイトと一緒になられたんですねぇ。
そんなダンナ様とだったら、きっと素敵な人生をこれからも歩けると思います。
赤ちゃん、授かれるといいですね!遠くから祈ってますよ!!

ナンシイさん

うちのダンナも少々の弱りようでは、全く優しくしてくれませんが、今回は、ヤバイって思ったのかも(笑)。
大鬱病は自殺率が高いこともあり、ある意味、死に至る病なのかも。で、ダンナがここ一番はサポートせねば、と目覚めてくれた様子。
このイターイ経験のおかげで、ほんとの意味で家族形成を始める決心がつきました。いまなら、ママになれるわ!

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
ご挨拶が遅くなってしまってごめんなさい。^^;

弱っているときに恋・・・たしかに。
私もそういう経験あります。
後悔してたときに友達に「寂しかったんでしょ?」って図星を突かれてしまいました。
まったくその通りでした・・・。

でも弱っているときに全力で守ってくれる想いは本当の愛ですよ!
ヒポさん、愛されてますね~。
守ってくれてるんだと気づくことが出来たら、今度は自分も相手を守りたくなるっていうのもよく分かります。
夫婦はお互いがお互いを支えあって本当の夫婦になっていくんだろうなぁと思います。

お互い、今年ステキなママになりましょう☆

すばらしい!夫婦愛に目覚めたのね。
まぁ、ね。
そんなに強くならなくてもいいってことよ。
意地を張らずに、甘えて甘えられてが一番だと思うよ。

サキマルさん

弱っているときの恋は慎重にならないととんでもないものをつかむ可能性が・・・(笑)。もっとも魔につけ込まれやすいとき。
でも、結婚してからそういった余計な心配はしなくてもよくなったわ。
ダンナを信じて、家族で一緒に頑張っていこうという思いがムクムクと沸いてきました。やっとほんとの夫婦になってきたかな。私たち。
サキマルさんも私も今年こそは家族を増やせればいいですね!

そばかすうさぎさん

一生懸命、一人で生きようとしすぎていたわ。今まで。
でも、今回心底弱って、ほんとの意味でダンナに頼り切ることを覚えました。頼り切るのも勇気がいるのよね。
でも、これからはもっとダンナにもたれて生きていこうかと。そして、ダンナも私にもたれて。これぞ、夫婦ってモンですな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

秘密のコメントさん

お互い無理をせずに、休憩しながら前進していきましょう。
きっと立ち止まり続けることはより不安を掻き立てるから、のろのろと進んで行こうかなと。
今後の健康と発展を願って!カンパーイv-275

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。