スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厄介な脳みそ

厄介な病気になってしまったモンです。ええ、鬱病のこと。

今年の8月ごろに発症して、9月半ば~10月初旬までが鬱症状のピーク。
その後、薬がテキメンに効き、10月半ば~12月頭までゴキゲンだったのだが、先週ぐらいからまたもや鬱状態にドーンと入り込んでいまった。

ピークの頃と比べると症状は若干軽いけど、それでもやはりツライ

掃除洗濯、食事の用意ができなくなる。未来に希望が持てなくなる。過去のことをクヨクヨと思い悩む。
もう、自分なんかこの世から消えてしまえばいいと思いこむ。このマイナス思考は自分でどうあがいても、プラスにならないのよね。

で、今、また少し持ち直して、やる気が出てきたところですが、本当に厄介なモンです。

気分が持ち直すと、どうしてさっきまであんなに落ち込んでいたのかわからんのです。いろいろなことに不安を持ったり、心配していたことも、アホらしいとすら考え始める。
しかし、またもや鬱に入ると、どうして楽観的に考えられていたのか、逆にわからなくなる。
脳みその病気ってホントに…。

鬱病の人には「励まし」「激励」はご法度。
励まされることで、さらに鬱を悪化させるらしい。幸い、うちのダンナはそのことを心得ているようで、私がうつ状態に入ると、ひたすら放っておいてくれる。きっと、医者の友人から、鬱病患者の接し方の手ほどきを受けたに違いない。

元気なうちに、どういうスイッチが入ると鬱状態になるのかを探ってみた。
今回の症状を見れば、5つほど原因が考えられる。

①今まで飲んでいた薬の服用を減らした(医者の指示による)
②10年以上前に日本で一緒に仕事していた元同僚から、仕事のオファーがあった
③ダンナが一人で年末日本に帰ることになった
④仕事をやめた
⑤相続税を支払うために定期預金を解約した


まず、一番は薬の量の変化だと思うが、調子が悪くなったのを悟り、すぐにもとの量に戻したが、気分は回復せず。

同僚から仕事のオファーがあったということは、実質私のキャリアにはとてもよいことなのだが、なぜか昔に記憶をさかのぼらせるようなことがあると、不快な気分になる。
私の鬱症状でもっともひどく現れるのは、10年以上前の独身時代に犯した数々の失敗に対する後悔の念。って、いっても、元気なときにそのことを考えると、「若い頃は誰でも失敗を犯すものよ」と思えるのだが、うつ状態に入ると、絶対にそうは思えない。
「私はとんでもなく不注意で、その不注意に端を発し、私の知らないところで、どえらい大問題に発展しているかもしれない」と思い悩む。果ては、その失敗のせいで、大きな借金を背負わされたり、訴訟問題になるのではと考える。
そうなると、だんなに迷惑がかかる、だんなの家族に迷惑がかかる…ぐるぐるぐる…という具合である。

ダンナが一人で年末日本に帰ることになったことにはそれほど反応していないつもりだが、正直いって、状態の悪いときに一人きりですごすことに不安があることは事実。
仕事をやめたことに関しては、本人的にはすごくハッピーなのだが、それだけ時間ができたということ。悩む時間も増えた?
相続税を支払うために定期預金を解約するのは仕方のないことだが、なぜか金銭に絡むことにどうもしり込みする傾向にある。

で、ここまで考えて、キーワードは2つ。
「過去」「お金」
これが私の鬱の引き金になるのかも。
まあ、大鬱の直接のきっかけは、父親の死と相続問題。そういえば「責任問題」ってのにもよく反応するわね。

ああ、どうしてこんなヘタレになったのか。あの自信満々の、ちょっと無鉄砲ともいえる、能天気な私に戻りたいもんだ。
はっきりいって、ビョーキです。ええ、あれ、シャレにならない。私、本当に鬱病なんだった。ぐう。
スポンサーサイト

テーマ : ひとりごと - ジャンル : 心と身体

Comment

年末お1人なんですか?
どなたかお友達が周りにいてくれると良いのですが・・・

過去の失敗(?)については何度悩んでも答えは出ないと思います。
特に、事実でない心配までしてしまうとエンドレス。
そう、それは違うパターンで言うなら
旦那の元彼女が美人だったのか?料理が上手かったのか?
気になって旦那に直接聞いて
「美しい人だったよ」と聞いても「オマエより全然ブスだったよ」と聞いても、その言葉すら真実かは解らないじゃないですか?
過去を疑い出したら、現在も解らなくなっていく・・・
そしたらもう「私達は結婚して上手くいっているんだから」と
過去を考えるのを止めて今を見るしかないと思うんです。
だからお仕事での過去も、あまり考えないようにすることが
できれば楽になるのでしょうね。

と、偉そうな事言いましたけど
きっとピポさんもそれは頭の中で解っているんだと思います。
ただ考えたら止まらないんですよね。
私も同じ経験があるので解ります。

お薬の配合は変えてもらえないんでしょうか?
薬で抑えることが可能なら、それが1番早く楽になる方法かもしれないし、完治に近付くような気がします。

あ、それと何をもって病気と呼ぶかは色々だと思います。
うちの職場にいる例の女性客のように
46歳にもなってぶりっ子独身恋人無しで、一回り以上年下の若造達のケツを追い掛け回し、周囲に迷惑がられているのも気付かず楽しそうに生きている元看護士。この人は、一般的には健康体と認識されるのでしょうけど、うちの職場では全員重病人だと認識しています。

ネギさん

年末はもし一人だとしたら、友人の家にとまりに行くかも。そのときの状況ですが・・・。
機能と打って変わっていたってゴキゲンな私。こういうゴキゲンなときに限って精神科医とアポが入ってるのね。で、週末の惨状を説明し、お薬を増やすことにしました。
精神科医に聞いたら、鬱病を直すポイントは3つあるそう。一に薬、二に休息、三に運動だそうです!運動ってやっぱ大切なのね。ジム行かなきゃv-356

ふんふん、わかりますわよ、その気持ち。
今できることとしたら、過去は切り捨てることかな?
思い出したくない過去なら思い出さなきゃいい。
過去へつながることは現時点ではシャットアウトするしかないよね。
無気力がこの病気の特徴だよね(欝の時は)。
そういう時は、物を投げる、暴れる、泣くに限ります。
って、私、ろくな事言わないねー。
でもコレ、すべて体験ですのよ。

今、歳末商戦のバイトをしてるのですが、簡単なことなのにミスばっかり・・。
恥をさらしながら生きております(笑)

鬱に「励まし・激励」は禁句・・・コレ、前夫が鬱病になった時よく言われました。
でも、ついつい激励したり説教までしてしまったり・・あげく相手に同調して一緒に落ち込んだり・・
よくないパートナーだったな・・。その点、ダンナ様は素晴らしい!!
友達も素敵だし、ヒポさんは周りに恵まれてます☆

アロマセラピーでは「鬱=よく眠れない病」と、とらえています。
セラピーなどを受けて、リラックスしてよく寝れるようになるのが、回復のポイントだそう。
適度に運動したら適度に疲れて→よく寝れるかも!?・・イイかもよ☆

そばかすうさぎさん

過去をシャットアウトしたいなあ。でも、相続に始まりいろんな過去から、私の生活が脅かされているような。
今日からお薬を増やしたせいか、妄想はとまりましたが、ボーっとしてます。早くゴキゲンな私に戻りたいぞう。
そばかすうさぎさん、体験アリとのこと。心強いコメントありがとう。

こんこんさん

家族や友人に癒されてるって感じます。ホント、感謝だわ。
私の場合、劇鬱のクセに寝るのはものすごく寝るのです。本当に鬱病か?ってぐらい寝てます。鬱病体験者の友人から言わせると、薬が効くこと、そして何よりも寝れることは非常にラッキーなんだと。
精神科医の先生にも言われました。「あと、運動しなさい」と。って、今日もジム行ってない私って・・・v-393

鬱の時は牛乳&早起きして朝日に浴びることがいいんだって。早起きは交感神経と副交感神経の動きを活発にさせてやるのが目的なのかな。
セロトニンを効果的に取り入れるのに牛乳をたくさん飲むのがいいんだって。

鬱の時に「頑張って」とか励まされたら気絶しちゃう。だって頑張ってこうなったんだもん。これ以上どーしろっつーのってなっちゃう。
鬱だってただ悲しくて無気力なだけじゃなくてどうにもならない怒りに苦しめられるときもあるし。私はそんなかんじでした。

過去のことに今さら苦しめられてしまうのは、なんだかわかる気がします。私もそうかも。人間て自分を守るために記憶をまげてしまうんだって。「これはつらくないことだ」って。
もう耐えられなくなる前に小出しにできてよかったのかも。

蘭子さん

明日から早起き&ジム通いを目指します。
鬱病ってホントにしんどい病気だったのね・・・。
記憶があいまいな10数年前のことをくよくよしても、結論は出ないのですが、暇さえあればクヨクヨしてしまうのよね。
過去のことは一切振り返らない性格だった私が、、、信じられん!
先週末の悪夢からは一応逃れられたので、少しづつ活動していきたいと思います。ありがとう!

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。