スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

将来計画…崩れたり…凹

久しぶりにワーワー泣きました。ええ、もう鼻水も出して、長々とワーワー泣きました。

来年から日本に帰国するつもりで、ダンナと前向きに話し合いをし、ようやく話がまとまりかけていたのです。ええ、以前、のらくらと愚痴らせていただいた同居問題に関しても、何とか回避できそうな方向性で…。

が、その私の将来のもくろみは、すべてきれいさっぱりと流れ去りました。

私を泣かせたのは…日本の厚生省!

うちのペットの問題です。ええ、5羽のオカメインコ
こやつらはたかが鳥だけど、されど鳥。私とダンナにしてみれば、ほとんど子供の代わりといってもいいほどの存在。誰がどう言おうが、家族の一員

しかし、昨年9月の厚生省の輸入動物法令の強化により、外国でペットとして飼育している鳥類は、基本的に日本に入国できない、という規定が発されたらしいのです。
ピーちゃんが、日本に一緒に帰れない?

ありえません。
昨年9月まではオカメインコとセキセイインコはワシントン条約の制限も逃れていて、健康でありさえすれば日本に入国できたのです。
うかうかと過ごしている間に、ペットの鳥類全面禁止というおぞましい政令ができていたなんて…。

想像に難くないと思いますが、これは巷を騒がせている鳥インフルエンザの影響。鳥は一切入るなと…。
鳥インフルエンザは確かに深刻な病気だから、検疫や厚生省が敏感になるのも仕方ないとは承知してます。

でも、すべての鳥類をひと括りにして、全面禁止なんて!
ひどい。せめて検疫ぐらいして欲しい。検疫の結果、何らかの病気が見つかったならあきらめもつくわよ。でも、検疫さえしてもらえない

具体的な政令としては、輸出国(うちの場合はオーストラリア)から衛生証明書が発行されればよし、としており、その衛生証明書の内容としては、各国政府指定の獣医による検査にて「ウエストナイル熱」及び「高病原性鳥インフルエンザ」の感染がないと判断されること
まあ、これは良し。輸入する国としては当然の処置でしょう。

でも、その次の項目が…
検疫施設(蚊の侵入を防止するための措置が講じられているものに限る)において、過去21日間又は出生以来係留されていたこと。
とある。

この文だけ読むと、フーン、検疫施設に21日拘留かあ。ピイちゃんたちには気の毒だけど、21日ぐらい我慢してもらわにゃあ…、と思っていたわけです。
だが、調べれば調べるほど、真実が明らかに…。

厚生省の動物届出制度のQ&Aまで隅々読むと、はっきりとこう書かれているのです。

自宅でペットを飼育している場合、かの防止策をとられた検疫施設においての飼育が証明されないため、事実上、入国の必須アイテムとなる衛生証明書は輸出国から発行されないでしょう…と…。

なんやねん!それ!
グダグダと条件付の入国可能のような文言を並べておいて、実際はペットの鳥は全面入国禁止ってことじゃないのよっ。

で、かわいい顔して無邪気に遊んでいる鳥5羽を見ながら、ワーワーと泣きました。
この子達は置いていけません。誰がなんと言おうかファミリーです。

夫婦揃って来年帰国という線は、現段階でほぼなくなりました。
少なくとも私はオーストラリアに居残ります。鳥たちと一緒に厚生省と戦うわっ
でも、仕事の面とか、今後の将来設計のために、ダンナだけ数年日本に帰るってのはアリかも。

「えー、鳥のために別居するのー?」と驚かれる方もいるでしょう。
でも、私の場合、鳥たちを捨てるってのはありえません
私たちよりもずっとこの鳥たちを可愛がってくれる里親さんが見つかるか、もしくは日本の厚生省が法令を取り消さない限り、私はオーストラリアに居残るわ!
日本の厚生省にペットの鳥と無理やり引き裂かれそうになっている方がいたら、ぜひ、一緒に戦いましょう!
大泣きした後に、戦いモードに入っているヒポでした
スポンサーサイト

テーマ : エキゾチックアニマル(小動物、鳥類、霊長類、その他) - ジャンル : ペット

Comment

日本の厚生省!ヒドイですね!!
私も怒りましたよ!!
鳥インフルエンザは鶏の話なのに!関係ないのにね!

去年からダメだから、また条例が解除になる可能性はあるかもね。
愛しのピーちゃん・・何とか、なってほしい・・と思います。

ペットは家族!!・・コレ、大変よくわかります!!
私もおにぎり君が同じ立場だったら、大泣きしますからv-406

ちょっとだけ調べてみましたけど抜道は無さそうですね凹
ここ観ましたか?↓
http://www.maff-aqs.go.jp/tetuzuki/index_3.htm#chikusan
何か参考になれば良いのですが・・・
私も小さい頃からずっと実家ではインコ飼っていたので
気持ちは解ります。インコは家族ですよね!

衛生証明書がまだ絶対に発行してもらえないと確定しているわけじゃないと思うので、発行してもらう機関が数箇所あるのなら全部当ってみると1箇所ぐらいゆるい所があるかもしれませんよ!頑張って下さいね。

こんこんさん

ううっv-395
気持ちをわかってくれてありがとう。
自分たちの将来と鳥たちのシアワセを考えて、納得できるとこまで頑張ろうと思います。
この条例で泣いてる人がたくさんいると思います。なんたって、オカメインコはそれまでは検疫すらないノーマーク、フリーパスだったので。
条例が改善されることを、切に願ってます・・・。

ネギさん

わざわざ調べてくれたなんて・・・ありがとうございますv-395
この週末、コンピュータにかじりついて、日本の農林水産省・厚生省、オーストラリアの検疫検査局などの情報を調べたんだけど・・・今のところ、まだ抜け道は探せ出せません・・・。
オーストラリアの検疫検査局のお抱え獣医に相談しているところ。また、今週中には検疫検査極に乗り込んで、衛生証明書の発行に必要な検疫施設について問い詰めようと考えてます。
愛するもののためにはとことんしつこく食い下がります。
ありがとう、ネギさんv-392

はじめまして。
オカメインコの話を読んで、思わず書き込みしてしまいました。
厚生省、何て融通がきかないんでしょう!
愛するペットと一緒に帰国を望む人ってきっとたくさんいるだろうし、検疫を行って安全を確認して証明書を発行するくらい当然な気がするんですけどね。

私も実家にいる時セキセイインコを飼っていて、そのうち一羽とは10年以上一緒にいて死んでしまった時はもう大泣きだったので、鳥とはいえ家族の一員っていう気持ち、すごくよくわかります!
どうにかしてピーちゃんたちと一緒に日本に帰れますように!
ちなみにウチのインコもピーちゃんでした…v-521

厚生労働省め!!

厚生労働省ってほんっっっと融通がきかないですよね!
ペットの話とはまったく別ですが、私は以前ドイツに旅行に行きソーセージやサラミをお土産にたくさん買い込んだんですが、日本の空港に着いて「肉類を持ってる人は検疫に来てください。」という看板を真に受けて行くと全部没収されてしまった!!
ほんと、頭が固い!v-412

ヒポさん、愛するピーちゃんたちのために戦ってください!
私の実家にもオカメインコがいるから他人事とは思えません!
ペットと言えども、家族ですものね。
しかも自分たちだけじゃ生きていけない子たち。
ヒポさんの苦しみ、お察しします。v-406

あにゃたまさん

はじめまして、あにゃたまさん。ようこそおいでくださいました。
実家のセキセイちゃんが、ピーちゃんと同名だと!この名、王道ですよね(笑)。
厚生省の唐突な条例に怒り心頭です。私は今オーストラリアに永住者として暮らしてるんですが、それでも、夫婦とも日本人なので、いつかは日本に帰らなきゃいけないときも来るだろうと思ってました。
今まではオカメインコは日本で歓迎されていたので、海外で鳥を飼うことにしたのに・・・。いまさら、条例で全面禁止なんてありかよっ。
ピーちゃんの購入額の100倍を出してもいい。とにかく、ピーちゃん入国を認めろーっv-355

うわぁ・・・(;つД`) なんてこったい!!
そんな法令が出来てたとは、まったく知りませんでした(涙)

わかりますよぉ・・・うちだってカワイイニャー達と別れなきゃならない
なんつーことになったら!!!つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
なんだか本当、お役所って意味わかんないことばっかり取り締まってないで
おまいら使ってる意味無く超最新型のバカ高いコピー機とか
全部返上して世界の帰国できないペット達のために使え!!!と叫びたいです(怒)
そういうのって、相手が相手だけに、大騒ぎして「ちょっと煩い客」と
思わせて「仕方ない、特別ですよ」的な対応って無理なのかな・・・
とにかく、がんばって!!!遠くで応援しちょるよ!!!

サキマルさん

ピーちゃんの件は、実は巧妙に仕組まれているのです!厚生省と農林水産省双方のたくらみです。
動物検疫は農林水産省の管轄なんです。で、通常、犬とかネコとかは、入国の際に日本の検疫検査局に拘留されたりして検査を受ける。でも、鳥の場合、日本側の検疫はされない。その代わり、厚生省が、輸出国からの衛生証明を得ろ(21日拘留つき)といってるわけです。しかし、輸出国からしてみたら、自分のお国事情でもないのに、輸出動物のために検疫施設を開放しない。外から入ってくる動物の検疫で精一杯なのです。
本来なら、輸入動物は受入国側で検疫を受けるのが当たり前。それなのに、農林水産省はドロンしてそういう施設も用意せず、代わりに検疫施設を持たない厚生省が出てきて、「検疫は輸出国側でねー」とかさらりと言うわけです。
すみません。あまりの怒りについ長々と書いてしまいました。
明日あたり、オーストラリアの検疫検査局に涙の懇願でもしてきます。

ナンシイさん

うっv-406
久しぶりに大泣きしました・・・。大泣きは前飼っていたオカメインコが癌で死んだとき以来。ちなみにその鳥のがん細胞は獣医学の権威のシドニー大学獣医学部研究室にまで持ち込まれました。わたし、相当なトリばかです。
ほんとう・・・。袖の下を渡してピーちゃんファミリー5羽をすべて入国させてくれるなら、貯金全部はたきます。だれか、買収できそうな検疫検査官はいないのかってすら思います。いい加減にしないと、密輸するぞっv-37
もう、厚生省に抗議の手紙を送りつけようか、動物保護団体に訴えでようかと、怒り心頭の日々を送ってます。署名運動しちゃうぞ!もう!

応援してます。

私はペットや動物には疎いので何もコメントできませんが、
ヒポさんの熱い気持ちに打たれました。
オカメインコちゃん達の為に頑張って下さい!
署名活動する時は協力しますね~!

アンさん

アンさん、どうもありがとうございます。
オカメインコたちの幸せを守るために、リサーチに励みます。
しかし、日本に帰国して、家を買って、鳥とダンナと子供(子供は希望的観測)と楽しく暮すという将来を思い描いて、一人で舞い上がっていただけに、がっくり来てしまいました・・・。
このまま、鳥が日本に帰れない場合、私もあと10年以上は日本に帰れないわけね・・・。がっくりv-406

ヒポさん、こんにちは。
はじめてペットの鳥類全面禁止を知りました。そうだったんですか・・・。
日本には東南アジアや極東から野生の渡り鳥がたくさんやってくるけれど、彼らと一緒にインコちゃんたちも渡ってきちゃった~ってことにするのはいかがでしょう??←こんなことぐらいしかアイデアがでなくてすみません。。。

nonoyuriさん

本当にピーちゃんたち、海を渡って飛べたらいいのに。
渡り鳥だったらいいのに・・・。
実際は数十メートル飛んだだけで、ハアハアと肩で息をしておりますv-390
私もオカメインコに変装して、ピーちゃんたちと一緒に戦いたいぐらいです。このままじゃ、いつになったら日本に帰れるのか・・・ハアv-355

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。