スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皮算用

ヒポ子も今月25日で6ヶ月になり、すっかりママ界にどっぷりと漬かっています。昔から「なぜ小さな子供のいるオンナたちはやたら集うのか」と不思議に思っていましたが、今、そのなぞが解けました。

ズバリ、子供と二人きりで過ごす時間が長すぎて、間が持たないわけです。生後まもなくのころは、出かけるなんてとんでもないほど忙しい日々をすごすもんですが、子供も4ヶ月ごろを過ぎると、世話にもなれるし、子供もあまり昼寝をせずによく遊びます。となると、子供と一緒に遊ぶのは、必然的に家にいる母親の役目となるのですが、「いないいないばあ」や「よしよしだっこ」程度では、4時間も5時間も遊びが持ちません。
そうなると、同じ月齢ぐらいの子供を持つ母親同士が集い、そのマンネリ化したお遊びに新しい風を入れたくなるわけです。

それとともに、先のことをより現実的に考え始めるのもこのころ。今までは目先のことに追われて、先のことを考える余裕もあまりなかったのですが、そろそろ時間ができてきたからなのか、またもや関西出身のオンナらしく金儲けの算段を目論んだりします。

産休で会社に戻る予定の人は、はじめからしっかり復帰計画がありますが、私はフリーランスで原稿を書いたり、家でほそぼそ起業していたようないい加減な身の上ですから、また一からのプランニングが必要です。

就職することを考えないでもありませんが、正直、今のシドニーではキツイかも。いわずとしれた大不況に加え、外国人であり、子持ちの40オンナとなると、新たに就職するのは結構厳しそう。となると、「またもや起業か?」と、行き着くところは金儲けの算段となってしまうわけで…。

オーストラリアは仕事事情は悪くありません。しっかりした企業に入ると、かなりの収入が見込めます。普通に仕事してればそれなりに稼げます。なんてったって、政府の定めた最低賃金のベースが高い。スーパーのレジ打ちで時給1800円ぐらいもらえるのです。

それでももちろんダークサイドはあります。オーストラリアに暮らすほとんどの日本人はこのダークサイドにいるといっていいでしょう。オーストラリアで幼少期から教育を受けた本物のバイリンガルでない限り、やはり日本人の英語は外国語の域をでません。手に職系の仕事は別にして、一般の企業に勤める事務やら営業やら企画やらは、下手な英語を話す外国人よりもコミュニケーションがスムーズなオージーを雇うほうがいいに決まってます。

これは、日本でも同じこと。流暢に思えてもやはり外国人の話す日本語はちょっと違和感があることがほとんど。よほどのスキルが認められない限り、同じ能力を持った2人がいれば、母国語として日本語を流暢に話す人のほうを採用するでしょう。

オーストラリアでもまったく同じことが言えます。で、そのエセバイリンガルの日本人はどうするのかというと、やはり日系企業に勤めるか、日本語を必要とされるポジションにつくか、のいずれかとなります。そして、その場合、往々にして給料が安い。現地のオージー企業に勤める人たちの3分の2ぐらいかもしれません。いや、ひどいところでは半分ぐらいかも。
これ、驚くことに日本の名だたる一流企業のオーストラリア支社でも、同じようなことが起こっています。現地に暮らす日本人を安くたたいて使う。オーストラリアの最低賃金に反しているケースがほとんどといえます。でも、それらがおおっぴらにならないのはどうしてか。それは、日本企業に勤めるしかない現地の日本人が、その数少ない職場を奪われることを恐れて沈黙を守っているからかも知れません。

こういう事情があるからなのか、オーストラリアに滞在しているのは20代~30代前半の若いオトナたちが多いのです。というのは、ある程度の歳になると、薄給でこき使われることに嫌気がさすだけでなく、子供なんかができると実際に生活ができなくなるのです。それで、日本に帰国する40代日本人が続々と後を絶ちません。そして、永住組女性のほうが圧倒的に多い。これは、オージー男性と結婚して経済的安定を得ることができるからでしょうね。
日本人男性?ご想像どおり、日本人男性とオージー女性のカップルはです。残念ながら日本人男はモテないんだなあ。日本人の男は、実に精神的に幼稚な人が多いので、オトナの男を好むオージーにバカにされてしまうわけです。

さて、40歳を超えた日本人夫を持つ我が家。このままオーストラリアでハッピーに暮らすには「やはりここで私が稼がにゃあならん!」。てなわけで、ヒポ子が1歳半~2歳になるころを見計らって、金儲け大作戦を練っております。

夢破れて日本に帰国したとしても皆さん暖かく迎えてください…。でも、景気の冷え込んだ日本に帰っても、そこにはさらに厳しい状況が待ってるだけだったりして。でも、ヒポ子のために母ちゃん、がんばるよ!
スポンサーサイト

オトナの決意

またもやうかうかしているうちに、月日がどーんと流れてしまった。
もう、3月。ああ、3月。私の生まれ月じゃあございませんか。ということは、私は今月末にはしじゅうになるわけです。オホホ…。オトナ、オトナ。かなりオトナ。

あれから、ヒポ子の世話とダイエットに明け暮れる毎日。ダイエットっていっても、月~金まで一日20~30分、Wii Fitでエクササイズをし、食事をちょっと意識して炭水化物を減らしているだけです。初めは体重は微動だにしなかったんですが、なぜかここ1週間でちょこっとやせ始めて、現在、ダイエット開始から約1ヶ月がたち、2.5キロほどやせました。うおーっ。15キロ減の目標までにはまだ道のりははるか遠いけど、ちょっとうれしいぞーっ。この調子なのだ。この調子でスリムママを目指すのだーっ。

ヒポ子が生まれて5ヶ月が過ぎ、いまさらですが、子持ちになったことによる自分の中の変化にちょっと驚いてます。
ダイエット宣言とはまったくかけ離れたトピックのようですが、実はつながりはあるんですよ。と、いうのは、痩せたい理由が変わったこと。子が生まれるまで、痩せたい一番の理由は、基本的に自分の見た目のため。つまりキレイになりたい。デブは恥ずかしい、という意識で痩せたいと思ってました。まあ、その中に10%ぐらいはダンナのために痩せてあげようっていうのもあったかな。

今は違います。やせるのはひとえにヒポ子のため歳をとった高齢ママでしかも移民でデブとなると、ヒポ子がかわいそうっす。そう、ヒポ子にとって恥ずかしいママになりたくない。友達にも紹介してもらえないようなアグリーママになりたくないんです。このままでは、マズイ。ってなことで、いつもよりちょっとまじめにダイエット計画を練ってるわけです。

さらには、命に対する考え方も変わってきました。もともと私は悲観主義者というか、命に対してあまり執着がないタイプでした。いつ死んでもいいと思ってました。
その昔、ノストラダムスの大予言があったとき、1999年に人類滅亡の予言をまるで福音のように思っていたこともあります。ああ、よかった。これでこの先の長い人生に苦しまずにキレイに終われる。…と。
また、60歳過ぎたらぽっくり逝きたい、とも思ってました。歳をとって長患いしたり、経済的負担をかけたりして、家族に迷惑をかける前にぽっくり逝きたいと思ってたんです。
が、ヒポ子が生まれてからは、なるべく長く生きて、この子の後ろ盾になってあげたいと思うようになりました。

経済的不安に関する観点も異なります。いままでは、ただ、老後に貧乏するのがいやで、どうしようどうしよう、と漠然とした不安に怯えていただけでしたが、今は、自分たち夫婦が老後にどこでのたれ死のうがかまわないけど、ヒポ子に迷惑をかけるのはイヤ。だから少しでもいい方向に生活が向かうように、頭とカラダを使ってガンバル。いつでもヒポ子にとっては頼れる親でいてあげたい、と切に願うようになったのです。

ハイ。私たち夫婦は、ヒポ子のおかげでやっとオトナになりました。いわば、しじゅうになってやっとオトナの仲間入りです。遅いスタートですが、人生の頑張りどころはこれからです。いままでサボってた分、いろいろキツイこともあるかもしれませんが、のたれ死ぬまで頑張ります。と、決意を新たにするしじゅうオンナなのでした。

テーマ : 日々の暮らし - ジャンル : ライフ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。