スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デビル矯正

ういーっす。ヒポ子に振り回されてばかりの日々でございます。現在、ヒポ子は6週の押しも押されぬ気難しいベイビー。お得意は夜11時~深夜2・3時までの大泣き。のどから血が出そうな勢いで泣きます。
乳が足りないのか、どこか痛いのか、とオロオロ。毎晩、困り果て、そして疲れ果てておりました。
大泣きタイムは我が家では「悪魔降臨」と呼んでおり、いままで天使のようにかわいい顔ですやすや寝ていたヒポ子が、夜10時ごろからだんだんと悪魔へと変身していくのです。

ダンナは仕事が忙しく、帰宅は毎晩夜10~11時ごろ。もしかして日本の企業じゃ普通なのかもしれませんが、オーストラリアではパタニティリーブを普通にとって育児をするパパが多いのです。パタニティを取らなくても、5時にきっちり仕事を終わらせて帰宅し、育児をヘルプするのが当たり前のオーストラリアの夫たちを見ていると、どうして私だけ???とついイライラしてしまいます。ダンナの仕事は朝も早いので夜中のあの魔の大泣き時間も、モチロン私の担当。ダンナは早々に別の部屋のベッドで床に就きます。

悪魔が降臨している間は、何をしてもダメ。もちろん寝かせておくと最大限のボリュームで泣き叫ぶし、抱っこしても大泣き、揺らしても大泣き、オムツを替えても大泣き。どうしろっちゅうねん!
その間、数時間、ずっとヒポ子を抱きかかえながら狭い部屋の中をうろうろと歩き回る…。疲れもピークになると、こちらも癇癪を起こしてしまい、ついヒポ子を抱きかかえる手に力が入ってしまいます。ヤバイ。
このままじゃ、ヒポ子を強く揺さぶってしまいそうだ。キレそうだ。早朝、危険を感じた私は、ついにダンナに泣きつきました。仕事を減らせと。ヒポ子が落ち着くまで、何とか夜は早く帰ってきてくれと。ヒポ子が生まれて、ダンナは今まで以上に仕事に力を入れるようになりました。それはありがたいことです。いまや一家の大黒柱ですから、しっかり稼いでもらわにゃあアカンのです。が、今は、私の体力と精神力が崩壊しそうでした。

睡眠不足でぼうっとする頭で、何とかヒポ子を夜寝せる方法はないかと、インターネットでいろいろ情報を探ったところ「赤ちゃんがピタリ泣きやむ魔法のスイッチ」とかいう本が日本に話題になっていると知り、早速アマゾンで取り寄せました。現在、円高ドル安。したがって、オーストラリアドルで払う私は、すこぶる高い本を買うことになるのですが、この円高も気にしておれないほど、切羽詰まっていたのです。

注文からわずか3日で本が到着。ヒポ子の育児の傍ら、睡眠時間をさらに削って本をむさぼり読みました。結果、ヒポ子の大泣きはなんと治まりました!ああ、ええ本じゃー。
しかし、泣きやみはしましたが、素直に寝るわけじゃあありません。結局、ウロウロだっこの常態は変わらず。ただ、泣き止ませ方を習得したので、ちょっと余裕ができたという感じ。

今度は何とか夜寝せようと「カリスマ・ナニーが教える赤ちゃんとおかあさんの快眠講座」なる本にチャレンジ。現在、むさぼるように読んでおります。本の通りに行くほど甘くはないと思ってますが、藁にもすがる思い…って、このことね。
ようは、私もヒポ子もゴキゲンに過ごしたいのです。泣く必要もないのに、私の育児がなっていないせいでヒポ子が泣かなくてはならない羽目になるのは避けたいし、泣かれると私も精神的にツライです。来週あたりは余裕で育児!の予定でございます。
スポンサーサイト

テーマ : 女の子育児 - ジャンル : 育児

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。