スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラダは育つ。子も育つ

高齢妊婦の不安な心にさらに追い討ちをかけるように、また一つ年をとってしまいました。30代最後の年に突入です。お腹の中では赤ん坊がやっと12週目を超え、安心できる週数に近づいてきました。うまく行くと9月末ごろの出産です。39の初産。ああ、どんな苦難が待ち受けているのでしょう。

まあ、でも最近こういった高齢出産の不安をやわらげてくれるのが、ハリウッドスターを中心としたセレブたちの高齢妊娠ニュースです。ニコール・キッドマンしかり、ジェニファー・ロペスしかり、まあアンジェリーナ・ジョリーはまだ32で若いけど彼女のようなカッコイイ女が妊婦仲間(?)であることで、猛烈にやる気が出ます。

先日、お約束の12週間目の超音波検査をやってきました。今までの超音波は正直いってつまらなかったんですが(だってまだ赤ん坊が豆みたいなんだもん)、今回は楽しめました。メチャ動いてたしメチャ人の形でした。ダンナもコーフンしてました。

高齢出産につき物のダウン症等の染色体異常に対する検査。オーストラリアでは当たり前のように12週の検診で血液検査とNT検査(超音波で子供の首の後ろのむくみを見る)を行います。

39歳での出産の場合、103人に一人の割合で染色体異常が見つかるそうな。検査の結果、ラッキーにも染色体異常はローリスクということで、これ以上の検査を受けないことにしました。あくまで血液検査とNT検査は異常の可能性を探るだけのものなので、確定診断はやはり羊水検査を受けなければならないんですが、うちは羊水検査に進むのはやめました。とくに強い意見があってそうしたわけでなく、ローリスクならわざわざそれ以上の検査を受けて少しでも流産の可能性を高めるのはやめたかったから。羊水検査はわずかですが、流産を誘発することがあるらしいです。

妊娠前は、妊婦生活を楽しむんだー!とか思ってましたが、今は、妊娠生活はもういい。あれこれ心配だから早く9月になって生まれて来い。という感じ。生まれた後は生まれた後で、産後の鬱病が心配ですがね。私、結構な確立で産後鬱病の可能性があるもんで。

産後の鬱病になればまたもやゾロフト(お気に入りの抗鬱剤)に頼ることになりますが、そうなると母乳育児ができない母乳育児ができない=痩せない…。私、このままデブはイヤです。だから、どうせ鬱になるのなら、どうか母乳である程度痩せてからにして欲しい。セレブ妊婦たちの華麗なボディメイキングを尻目に、私だけブクブクなんてつらすぎます。帝王切開だし、ついでにその時に脂肪吸引でもしてもらおうかしら。でも、すっごく高いのよね~。
スポンサーサイト

テーマ : 妊娠4ヶ月~7ヶ月 - ジャンル : 結婚・家庭生活

やってしもた。イースターの反省

またもやうちのダンナの大ボケに嵌り、一人さびしく大型連休のイースターを過ごした私です。オーストラリアは先週金曜日の3月21日~今週月曜日の24日まで、イースターホリデー。日本のゴールデンウィークに匹敵する今年前半の大型連休でした。

が、なぜかダンナ不在。うちのダンナが、「ちょっと仕事の話があるから、メルボルンに行ってくる」とうちを出たのが3月の18日。そしてお帰りは3月22日ごろを予定しているとのこと。
って、「それ、イースターホリデーの真っ最中やん!本当にチケット取れるの?」と確認したところ、「大丈夫。大丈夫。さっきネットで調べたら、まだまだ空きがあったから。メルボルンで帰りのチケットとって帰ってくるよ」と、意気揚々と家を後にしました。宿泊先は友人ファミリーの家。

で、案の定、数日後、うちに電話があり、「飛行機のチケットが取られへん。シドニーに帰られへん」とふざけたことをぬかす。結局、飛行機のチケットはイースター明けの25日にしか取れず、大型連休はずっとメルボルンに滞在することに。

もう結婚10年ちょっとたちますから、イースターホリデーに一人放っておかれることは、それほど頭にきませんが、もう友人ファミリーが気の毒で…。友人宅は幼稚園児と小学校低学年の子供がいる4人家族。せっかくの大型連休にシドニーからいきなり能天気なおっさんがやってきて、家族水入らずのホリデーに水をさす…。ああ、うちのダンナ、最悪です。

ダンナがホリデー中に家を留守にすることが突然決った私としては、なんとか楽しい休日を過ごさねばソン!遊んでやるー!とダンナに対抗心を燃やし、年上の友人のケルピーを誘ってシアターに行ってまいりました。ネットで調べるとカジノのあるスターシティホテルで私の好きなミュージカルが上演されていることを発見。その日のうちのチケットを予約しケルピーをお誘いしたのでした。

そのミュージカルは「Rocky horror Show」という知る人ぞ知るドタバタ劇。初めて開演されたのはなんと35年前という歴史あるミュージカルですが、内容としては‘処女と童貞の清廉潔白なカップルがドライブデート中に車が動かなくなり、山の中にたつ怪しいキャッスルに身を寄せる。そのキャッスルの中ではトランスセクシャル星からやってきたバイセクシャルの主人が催す倒錯したパーティが。ああ、ハチャメチャ…‘、という底の浅いもんもの。でも、出演者たちの倒錯したファッション(出演者はほとんど皆、ボンテージ気味の下着姿)と迫力あるロックの歌声。もう、私もその舞台に上がって、その下着姿で腰をくねらせて踊ってみたい!と思うほど…コーフンしてしまうのです。
よくこんなミュージカルが35年も前に大ヒットしたもんだと、ちょっと親世代を見直したりしてね。

で、そのミュージカル。大コーフンして席から立ち上がり、飛んで跳ねて踊ってしまった私…。
ああ。反省。私、妊娠中なんだった(涙)。ベイビー、大丈夫かい?あんたのオカンは年甲斐もなくコーフンしちまった。モーレツに反省してます。今のところ、出血もなく大丈夫のようですが、飛んで跳ねて踊ったのはやりすぎでした…。ハイ。

今日は今日で、歯医者にいって麻酔とレントゲン、抜糸のフルコース
ハイ。私、妊婦です。しかもまだ安定期にもなってません。でも、歯医者さんも、別に大丈夫だって言うんだもん。いつも、やってしまってからちょっと心配になるヘタレな私でした。
ああ、ベイビー、大丈夫かい?オカンはちょっと歯を抜いた後が痛いよ・・・。

テーマ : 妊娠初期…症状や日々の事(~11週) - ジャンル : 結婚・家庭生活

オバハン妊婦の生活

シドニーに暮らして10年以上になりますが、いまだにネットの中では日本居住区に暮らしています。ニュースやコラム一つにしても、断然日本のもののほうが興味あるし、面白いんだもん。掲示板でのやり取り一つにしても、共感できるのは日本のものなんです。時事問題に関しても、オーストラリア事情よりも日本事情のほうにずっと詳しい始末。どれだけ長くすんでも、やっぱりガイジンなんだよねえ。ここじゃ。

ほぼ毎日といっていいほど、見ているのはまずはYahoo!News。ここで面白いニュースを見つけ、より深く知りたくなると産経新聞Webへ飛びます。この産経新聞でのお気に入りは裁判・判決のコーナー。三橋さんとこの裁判なんかもこと細かく報じています。社会のニュースに疲れたら、巷のどたばた話でも聞きたくなり、読売新聞の大手小町内にある発言小町へ。

発言小町はつまらない暇つぶしトピから、主ための相談トピまであって、結構面白いのです。「TVで突っ込みたくなるシーンはどんなの?」といったトピでは、「出産のときにあんなに唸ったら看護婦さんに怒られる」とか「人と別れるシーンでよくタクシーのドアを開けたまま長い間会話しているが、あんなことをしたら運転手に迷惑」だとか、それぞれどうでもいいコメントがついています。
重めのものでは「夫が鬱病でその上、不倫中」だとか、「妊娠中だけど離婚を決意した」だとか、結構人間のドロドロ模様もあります。

こんなのを見て一喜一憂している私は、ヒマなヤツでしょうか…。お昼のワイドショー見て喜んでるのとほとんど変わらないかも。そういえば、最近さらにオバハン化が進み、今まで決して購入しなかったオーストラリアの週刊誌を愛読するようになってしまったのです。オーストラリアの週刊誌って取り扱いネタがハリウッド系のスターのスキャンダルばかり。まあ、その中でもニコール・キッドマンとかケイト・ブランシェットとかのオーストラリア出身の女優はよく出てます。私の食指を動かすのはなんといっても、アンジェリーナ・ジョリーとブラッド・ピットのカップルネタで、最近またもや妊娠したアンジーの情報に食いつくように本を購入してしまうのです。

同じ妊婦でもアンジーと私のこの妊婦スタイルの違いはナニ?どうして他のところに肉が付かずにお腹だけ膨れるの?私なんかまだお腹膨れるような週数じゃないのにもう膨れてますが、これもしかして脂肪っすか?

早く中期に入ってマタニティヨガとかしてみたい。今はタダのデブにしか見えないけど、中期に入るとさすがに妊婦らしい腹になるっしょ。そうなったら、思いっきり妊婦をアピールしながらこの生活を楽しむのさっ。IVF経歴のある苦節●年の末の妊娠だもの、それぐらい楽しんでもいいよね。うん。いいはず。←一人断定

テーマ : 妊娠初期…症状や日々の事(~11週) - ジャンル : 結婚・家庭生活

感情ジェットコースター

ダンナが日本から戻ってきました。が、うれしいのもつかの間、なんかイラつくのよねえ。これ、ホルモンのせいでしょうか。
チョッとした一言にムカッ腹が立ち、すぐに「離婚だーっ」というとこまで怒りが爆発します。

ダンナがいないときはクイーンサイズのベットを一人でノビノビ大の字になって使っていたのに、キャツのせいで私のスリーピングスペースは狭くなるし、しかも鼾をかきやがる!許せーん!!!と立腹してしまうのです。

どうやら今は妊娠ホルモンがもっとも活発に放出されているらしく、精神が不安定になる時期らしいですが、もう、気分悪いっす。←ツワリじゃなくて、ココロのほう。

おまけに、最近では鬱病の足音まで聞こえてくるような、ヤーな予感です。ボーっとしてるとまた悪い妄想癖が始まり、不安でたまらなくなります。
そういう時はダンナが必要で、何を言うわけでもなく、ただ、彼の腕などを触っているだけで心が落ち着いてくるのです。で、元気になると、またダンナがむかつく。どうせいっちゅうねん。まさに私の感情はジェットコースターでござい。

私の味方は、ピーちゃんたちだけよ…。って、これもまたあちこちでウンチ爆弾落とされると頭に来るのよねえ。しばらく私、冬眠してたほうがいいかも。

テーマ : 妊娠初期…症状や日々の事(~11週) - ジャンル : 結婚・家庭生活

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。