スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

重たい現実

またまた精神医学のほうに傾倒している私ですが、今回は「虐待」に興味が集中しています。←悪趣味?

精神の病については、私が鬱病になるズーッと前から興味を持っていました。特に解離性同一性人格障害(いわゆる多重人格)は最も興味のあるところでした。

別々の人格がひとつの体に宿るというこの病気は、いわずと知れた重度の精神病。しかも、鬱病のようにありふれた病気でないだけに、半ば宗教がかったり、オカルトめいた扱いをされていたと思います。
日本ではあの宮崎勤の多重人格の精神鑑定で、一躍脚光を浴びましたね。

精神医学の本にもその名を登場させる超難病ですが、日本だけに関わらず世界各国で「多重人格なんて病気はない。あれは偽の病気だ」という人がたくさんいます。精神科医や看護士の中にも、その様な「ウソ病」説をおおっぴらに支持している人も多いといいます。

私に関していえば、この病気は偽でもなく、ましてやオカルトでもなく、紛れもなくこの世に存在するものだと思っています。その一方で、特異な症状をもつ病気だということもあり、記憶喪失と同様に、多重人格を装うニセ患者もかなりいる思います。

この多重人格、患者は圧倒的に女性が多いらしいです。というのは、多重人格のナンバーワンの原因は性虐待だからという事実があり、自然と女の子がその餌食になりやすい…。

性虐待は、思春期を迎えた後、ある程度女のカラダになってからでも、相当きついもんだと思います。しかし、多重人格を発症してしまう人は、それよりもずっと前、そう、幼稚園児やいわゆる幼児の範疇に入る3歳ごろから性虐待を受けているのです。性虐待の加害者は実の父親だったり養父だったり、叔父だったり、兄だったり、いわゆる家族や近親者によるものが多く、ある程度の年齢になるまで執拗に性的な虐待が繰り返されます。それも、ちょこっと触るぐらいじゃない。いわゆる挿入ありのフルコースです。

幼い子供にとってはカラダが引き裂かれるぐらい痛いはず。また、訳がわからなくても、うすうす罪悪感を感じ、その後、自分が汚れているという考えに取り付かれるようです。
あまりの心とカラダの衝撃に、おもわず防衛本能が働き、自分の精神をカラダから切り離してしまう。そして、その時に別人格が誕生する、という仕組みです。

私がこの病気が紛れもない本物だと思うのは、自分が気絶したときの感覚。あれに似ているのではないかと思うからです。人格が入れ替わるとき、はじめに出ていた人格はブラックアウト(気絶状態)となり、別人格が現れるというのです。

私は性虐待は受けたことがありませんが、ある病気で病院に行き、立つことができないぐらいの腰痛と腹痛に見舞われていたにもかかわらず、レントゲンを撮られることになりました。レントゲンには立ち上がって少し静止しておかなくてはならないので、それこそ冷や汗をかきながら苦痛に歯を食いしばり、機械に抱きついたのでした。次に私が目覚めたのは、病室のベッドの上。気絶から覚めるときのあの感覚。身体にわずかな電流が走り、指の先端から徐々に目覚めていくような感覚。まさに人格交代のときの描写にそっくりなのです。私の勝手な判断では、幼い頃に性虐待を受けた子供は、あまりの恐ろしさと痛さによって、気絶するのだろうと思います。その気絶の最中に自分の精神を守るために別人格が登場するのではないかと。

多重人格に興味を持ったことが発端となり、虐待についていろいろ調べてみました。そして、ベストセラーの「ITと呼ばれた子」を読んでみました。この本は、史上最悪といわれた幼児虐待時代を生き抜き、今、立派に社会生活を送っている男性の実話です。

彼は実の母親によって凄ましい暴力を受けていました。また、彼はこれによって人格が分裂したりはしませんでしたが、心に大きな闇を抱えているのは事実です。その暴力たるや、拷問ともいえるものでした。

最近、日本でも実父や養父、母親による虐待が原因で、子供が命を落とすという事件が多発しています。「どうして実の子供にそういうことができるのか」、と普通の人ならそう思うでしょう。つまり、私たちは親に虐待されなかったからそう考えるわけです。親は子供を愛するのは当たり前と思っているからこそ、信じられないのです。

しかし、程度の差こそあれ、幼児虐待はもはや稀なケースとはいえず、虐待を受けた子供が生き延びて大人になると、自分の子供に虐待する、という悪しき連鎖を産むといいます。親に愛されなかった子供は、子どもの愛し方を知らない。だから、暴力が愛情だと思い込んだり、子どもは殴って育てるものだと思い込む。被虐待児は多くの場合、青年期に問題を起こします。精神を病んでいることも少なからずあると思います。
そう考えると、子育ては思った以上にその子の人生に関わる大変なことなのだ、と感じざるを得ません。その重大事を軽く考え、「子どもの不始末は学校のせい」と責任回避してしまう親のなんと多いことか。

私の友人は、先日、日本のパン屋さんで躾のなってない子どもを見たそうです。その子どもは見目麗しく並べられたパンに片っ端から指を突っ込み、陳列をめちゃくちゃにしていたそうです。友人(男)は、その子どもに「何してるんだ!そんなことをたらダメだろう」と注意すると、子どもはなんとアカンベーをしたのだとか。そこで友人は、ゴツンと頭に拳骨を食らわせたのだそう。

そうすると子どもは泣き出し、母親らしき女性のの元へ駆け寄ったのだとか。当然、その女性は「うちの子に何するんですか!」と血相を変えて抗議。友人が「何をしただと!このパンを見てみろ。お前のところのクソガキが全部穴を開けたんだ!」と証拠を突きつけると、母親は怒りの顔のまま財布を開き、一万円札を抜き取ってパン屋の店員に投げるように渡し、そそくさと子供を連れて店を後にしたとか。その母親の後姿に、友人は「金を払えば、済むっていう問題じゃないぞ!」とパン屋の店主の声を代弁(本人はそういってます)したといいます。

この顛末、人の子どもをゲンコツした友人の暴力一言の謝罪もない母親の非常識の2面性がありますが、私は友人だからとえこひいきするわけじゃありませんが、友人のゲンコツは虐待ではない。これこそが躾の範疇だと思うのです。一方、母親の態度は恐ろしい。「何か悪いことをしても御カネで解決できる」という間違った認識を子どもに態度で教えてしまっている。

なんだか、重たい話題ですみません。だけど、これから人の親になろうという私(希望的観測)としては、この恐ろしい現実から目を背けられなくて。私が幼児を虐待し、ここから悪しき連鎖が始まることのないように、心して母親にならねば…。ウム。
スポンサーサイト

テーマ : 暮らし・生活 - ジャンル : ライフ

結婚の条件

先日、久しぶりに年上の友人、ケルピーのお宅に遊びにいくと、数年前までオーストラリアに住んでいた20代の若き日本人カップルが旅行でオーストラリアに舞い戻り、ケルピー宅に滞在してました。

このカップル、私もよーく知ってる。♂は小学校から大学院卒業までを海外で過ごした日本生まれ、海外育ち。一方、♀は幼稚園から大学まで日本の有名私大で過ごし、大学卒業後に勤めた一流企業の転勤で2年ほどオーストラリアに滞在していたのです。

一見、♂は遊び好きで少し軽薄なイメージ。お洒落と女に目がない…という感じ。♀は金持ち学校で育っただけあり、箱入り娘の控えめキャラ。顔も地味で目立たない。始めてこの2人がカップルと知ったとき、「こりゃあ、♂に軽く♀がフラれるな」、と思っていたんですが、意外にも長続きし、今では結婚を前提とした同棲生活を東京で送ってるらしいのです。お互いの親はすでに公認とか。

しかし、同棲生活も3年になろうというのに、一向に結婚話が出てこない。箱入り娘の親としては「あの人とどうなってんの?」と突っ込みたくもなるはず。♀はそろそろ30に手が届く年頃ということもあり、親の「結婚まだか、攻撃」に煽られ少し焦り。控えめに♂をプッシュしている…けれど、♂の方は一向に気にする様子がないのです。

3年前に二人で揃って日本に帰国したときに、♀の両親の前で「結婚を前提にお付き合い」を宣言したにもかかわらず、♂、♀側のプレッシャーになんら影響されている様子もそのプッシュをうっとうしく思っている様子もない。

この点、普通の日本男児なら、ちょっとぐらい独身に未練があっても、相手の両親や自分の両親に結婚宣言した手前、周りの雰囲気にも押されて、そそくさと挙式してしまうケースがほとんどだと思う。もしくは、結婚する気がうせたのなら、尻尾を巻いて♀から逃げ出し「破談」にまっしぐらというとこでしょう。

この♂、海外育ちだからなのか、そういうプレッシャーを屁とも思っている様子はない。だからといって♀とわかれる気もなく、「まだ結婚する気にならないから」という一言で涼しい顔をしているのです。

不思議だー。だったら、はじめから相手の両親に会って、結婚云々の話なんかしなきゃいいのに。それでも♀は愛想を尽かす様子もなく、心底悩んでいるようにも見えない。これって、やっはり♀側の惚れた弱みってことでしょうか?

もちろん、結婚が究極の愛情表現と思いこむほど、私ももう若くないけど、20代後半の頃はそう思ってた節があるのです。惚れた相手のたった一人のオンリーワン、そして、スペシャルワンでありたい。そのためには「彼女」ではなく、一人しかその位置を占めることのできない「妻」でなくてはならなかったのです。

こういう20代後半の頃のかたくななまでの結婚願望は、もはや過去の産物なのでしょうかねえ。20代の不思議カップルを見て、ウーンと考えさせられました。

ちなみに年上のオンナ、ケルピーは、離婚歴あり。今は悠々独身だけど、しっかり惚れた彼氏もいる。彼女にとっては、結婚はそれほどもう重要でない様子。しかし、結婚するぐらいの意気込みで愛されるという確かな愛の感触は必要なのらしい。

離婚を経験したことがないからか、もしくは40代になればわかることなのか、今の私にとってはまだケルピーの境地も謎ですが、「結婚するぐらいの勢いの愛情」を求めるなら結婚すりゃいい。と思うのですが、これって、あまりに短絡的な考えっすかね?

むしろ、相手をスキなら、結婚する前にいろいろ考えるよりも、結婚してから考える…ってのもアリだと思いますが。これって、好きな男ができたら、(オトコと)寝る前にいろいろ考えるよりも、寝てから考えればいい、とほぼ同じ思考回路ですが。うーん。私ってアホ?なのかしら。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

ビキニの勇気

オーストラリアはそろそろでござい。もう、昨日も今日も暑いのなんのって。もう、夏?って感じ。
そこで、家の近くにあるビーチに仕事を兼ねてちょっといってきました。

Mbeach


スクールホリデーということもあって、中高生が多い!私的にはイケメン発見を期待してたのに、ガキばっかよ。
でも、相変わらず海は美しい。これ、うちの家からバスで20分ぐらいのとこにあるマンリービーチです。ビーチの藍さや海沿いの町のおしゃれなショップなどを探索して、一応ゴキゲンでいたものの、やっぱりビーチリゾートは一人はさびしい。高級ホテルに滞在する大人の旅の場合は別として、ビーチは友達や家族でワイワイやるのが楽しいかも。

バスでちょこっといって、写真を撮りまくり、ランチを食べてそそくさと帰ってきてしまいました。はなっから水着も持っていってませんけど…。でも、ショップに入って思ったんだけど、水着って最近ビキニしか売ってないの?10年前ならまだしも、いまさらビキニを着る勇気はありまへん。こんな私は、もうビーチで遊んじゃいけない年齢になったんでしょうか(汗)。

ところで、オーストラリアモノで日本で一時ブームになったものってあるよね。化粧品関連だったらジュリーク、ビーチ関連だったらビラボーンとか。こういうのって、ちなみにまだ日本でもいけてるんでしょうか。いけてるんだったら、今後の仕事で取り上げてみてもいいかな…と。

すっかり浦島太郎になりつつある私。いったい、今日本で何が流行ってんの?Yahooを見る限りでは、殺人幼児虐待が流行ってるとしか思えないんですが。なにか、日本の楽しいニュース、教えてください。

テーマ : ひとりごと - ジャンル : ライフ

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。