スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お魚卸売市場探検

久しぶりにシドニーのフィッシュマーケットに行ってきました。フィッシュマーケットはいわばシドニーのお魚卸売市場なのだけれども、競り市ではなく、一般の人も気軽に買い物できるマーケット。その日とどいた新鮮なお魚が買えるほか、その場で調理した魚を食べられるフードコートやレストランもあり、地元の人はもちろん、観光客にも人気の場所です。

日本のビデオを見ていたときに、おいしそうなお刺身の場面が目に焼きついてはなれず、ダンナに「明日は絶対刺身をおなかいっぱい食べたい!」と懇願。じゃ、フィッシュマーケット行くか、ということになりました。

まずはランチを食べようということで、いろいろあるフードコートのメニューから、2人用のシーフードプレートを注文。イカリング、エビフリッター、カキ、ホタテ、それにおなじみのフィッシュアンドチップスという組み合わせ。想像に難くないだろうが、いかにもオーストラリアサイズ。いくら大食漢のヒポといえども、ほかに刺身の入る余裕はなかった。

で、刺身は夕飯用に家に買って帰ることにした。シドニーのフィッシュマーケットの中にはおすし屋さんがあるほか、普通のお魚売り場にも刺身コーナーがある。気に入ったお魚をチョイスして、刺身用にその場でスライスしてもらうのだ。(残念ながらトロとかはない…)

オーストラリアの刺身できっと一番おいしいのはサーモン。こっちのサーモンは脂が乗ってて美味でございます~!そこで、サーモンの刺身とウナギの蒲焼をスライスしてもらい、嬉々として家に帰った。

昼間っから、シーフードプレートと一緒にワイン1本を空けたヒポ夫婦は、すっかりゴキゲンで帰宅し、午睡をむさぼっておりました。

ごそごそする音で目を覚ますと、なにやらダンナがキッチンでうごめいている。何かと思いきや、薄焼き卵を焼いているのだ。
私は晩御飯はうな重サーモン刺身!と心に決めていたのだが、だんなは断固として「ひつまぶし」を食べたいらしい。しかも「ひつまぶし」のご飯は酢飯にしろという。しばらく「うな重」「ひつまぶし」間の争いは続いたが、だんなのリクエストどおり「ひつまぶし」にする代わりに、サーモンの刺身はヒポだけのもの!という条件をつけ、一件落着した。

言葉どおり、ダンナはサーモン刺身には一切手をつけず、ご満悦で「ひつまぶし」を食べておる。

「ひつまぶし」はごはんの上にウナギや薄焼き卵、海苔などを載せて、食べる前にウナギとごはんをかき混ぜ、ほとんど混ぜごはんのようにして食べる。しかし、よく見ると、だんなはウナギばっかり食べておる。残っているのはウナギのたれ味のごはんとわずかなウナギの断片
してやられた。ウナギをほとんど取られたのだっ!

この借りは、今度まとめてお返しするわよっ。肉食中心のオーストラリアでは魚は貴重なんだっ。くそー、くそー、私のウナギが…。
スポンサーサイト

テーマ : 今日の食事 - ジャンル : グルメ

旅の恥はかき捨て?

子宮筋腫の筋ちゃんファミリーを扶養しているヒポです。
シドニーはまあ、日本人にとっては人気のある旅行先の一つといえると思う。新婚さんあり、家族旅行あり、おっさんたちのゴルフ旅行あり、などなど、いろんなタイプの観光客が来る。
旅行なので楽しむのがイチバン!なのだが、その楽しみ方に説教のひとつも食らわしたくなるのがオッサン軍団だ。

オッサン軍団はゴルフを楽しみ、夕食を楽しんだ後、「次はおネエちゃんとこ!」というのがパターンらしい。ここでいうおネエちゃんとこ、というのは、クラブとかそういった類のものではなく、つまり春を買いにいくということだ。うちのダンナも、日本から来た客にしょっちゅう「夜の遊び場を教えろ」といわれるらしい。

よくまあ、恥ずかしげもなく人にそんなこと聞けるもんだ。あきれる私にダンナは一言。「日本じゃ、嫁ハンとかいて、おおっぴらにそういうとこ行けないんだろ」なぜかミョーに理解あるコメント。

「ちょっと、アンタ日本に一人で帰ってるとき、そんなことしてる訳じゃないでしょうね!」と詰寄ると、鼻の穴を膨らませながら「アホか。そんなんせーへんわ」と関西弁で言い返す。アヤシイ。

「もし、私が一連の不妊検査でなんかビョーキとか発覚したら、アンタのせいだからねっ!」と私。
「わかった。わかった。俺のせい」

友人で妊娠した後の検査で実は梅毒にかかっていたことがわかった人がいた。しかも最悪なことに、梅毒を持ってたのは妻のみ。ダンナはクリア。どうも過去に付き合ってた男がもってたらしく、すぐに治療したものの、梅毒の病原菌は一度かかると治療しても治療してもゼロにはならないらしい。結局その友人は妊娠出産に問題ない程度の梅毒菌ということで、無事、子供を出産。しかし、こーいう妻だけの性感染症発覚ってホント笑えないよね。

で、今のうちから、何か性病持ってたらあんたのせい、と伏線を張っております。結婚して10年まじめに夫一筋だったもんで、なんかあるはずないとは思うけど、そうはいっても結婚前はいろんな男と付き合いましたから…。一応、伏線。

テーマ : 夫婦の会話 - ジャンル : 結婚・家庭生活

子宮筋腫のお出まし

本日、超音波検査の結果が出ました。ジャーン!
子宮筋腫発見だー。しかも一個じゃないぞー。

どうやら、私の子宮筋腫クンたちは「subserosal fibroid(奬膜下筋腫)」というヤツと「intramural fibroid(筋層内筋腫)」というヤツらしい。ドクターいわく、この筋腫たちが妊娠・着床の妨げになっているわけではないというんだけど…。

ただ、難があるといえば、妊娠した際に筋腫クンたちも一緒にデカくなるため、筋腫から血が出たりするらしい。

でも、特に薬物治療したり手術したりはしないんだと。
「ほっとけ」ってコトでした。

卵巣や内膜には特に問題ないらしい。「卵管は?」と聞くと、やっぱり卵管造影検査しなきゃわからないと…。で、来月、卵管造影検査することに決定!

しかし、面白いぞ。私の卵巣は左右で大きさが違うらしい。
筋腫発見だけど、なぜか全く凹まない。っていうか「やっぱりいたか!」って感じ。アホ丸出しだが、筋腫に名前をつけて飼いたいぐらいだぞう。←やっぱアホ?

で、筋腫ができる原因は、私の場合はズバリ「年齢」らしい。ほう~。子宮も歳をとるのねえ…。

今日から、筋腫もち妊婦を目指して、新たに発進だー!

テーマ : 不妊 - ジャンル : 結婚・家庭生活

不妊検査の巻

本日、初めての不妊検査に行ってまいりました。
で、ナゾのPelvic Ultrasoundの実態が解明されました。要は日本でも一般的に行われている経膣超音波検査のことでした。

まずは平べったいへらのようなものでおなかの上をぐりぐり押して、子宮周辺を超音波で様子を観察。この検査の前に、検査の前の6時間は断食。そして、検査1時間前には水を5~6杯のむこと。の後、検査は終わるまでトイレに行っちゃアカン、という指示があったため、病院についた頃には、もう「トイレお願いします」と懇願したいほどのありさま。しかも、待合室で長い間待たされ、もういよいよ限界ってとこで、やっと名前を呼ばれたのです。

超音波技師のお姉さんも超音波を当てるなり、「あら、ほんと。膀胱がパンパンねえ」とかいって、おなかの上からの超音波検査は短めで終わってくれた。そして、やっとトイレに行ってもよいというお許しが。

トイレから戻ると、もうひとつの超音波が待っていた。今度のは棒状のもの。そう、中にグイッと入れられてエコーされるヤツ。超音波の画像はよくわからん砂嵐のような映像だが、なんだか丸いものがある。アレは何だ。←びびるよな

不安そうな私をよそに、超音波技師のお姉ちゃんは「まあ、そんなにシリアスな問題はないと思うわよ」と一言。思う、とかじゃなくて、検査結果を知らせてくれよー、と思ったが、どうやらこれは日本とシステムが違うらしい。

超音波技師のお姉ちゃんはあくまでも超音波技師であって医師ではない。そのため、超音波のスペシャリストではあるが診断はできない。

「じゃあ、結果はどうやってわかるのよ!」と思っていたところ、どうやらはじめに紹介状を書いてもらった一般開業医のところに超音波検査の結果が送られるらしい。つまり、また一般開業医に予約を入れ、結果を聞きに行かなくてはならない。で、万が一、不審点があって他に検査が必要となると、またまたその一般開業医に紹介状を書いてもらって、本日いった病院に予約の上、検査。んで、結果はまた一般開業医…ということらしい。
めんどくさすぎる~。しかも不安。このシステムって、検査レベルでは専門医に見てもらえないって事よね。

とにかく、一般開業医の先生に明日予約を入れたから、まずは超音波検査の結果を聞いてきますか。今日の超音波検査の料金A$180なり。高い!

テーマ : 不妊 - ジャンル : 結婚・家庭生活

いい加減は見かけだけ?

見かけ的には結構いい加減で、あまり物事にこだわらないように見られるヒポです。
この見かけはある意味あたり、ある意味はずれ。

当たってるなあ、と思われるのは記念日等にこだわらず、また、あまりブランド系や宝石類、靴、バッグなどに興味がないという点。

これは昔からそうで、おいしいものが食べられれば、記念日であろうがなかろうが、同じ喜びをあらわすタチ。

服や鞄もブランド等には疎く、気に入ったら買う。もともとあんまり買い物好きじゃないので、「今日は服買わなきゃ」と思えば、ひとつの店で何着もまとめ買いするのだ。アホなことに、その際、値札なんかを見ておらず、「この靴かわいいけど、えらく高かったなあ」なんて思ってよく見るとベルサーチだったりしたこともある。

お金が余って値札を見ないのではなく、ただ、どんぶり勘定なのだ。服を3~4着と靴も買ったらこれぐらいかなあ、というどんぶり予算設定でどさっとまとめ買いしてしまう。

しかし、細かいとこもある。納得いかないことがあると、とことん追求したがるタチ。この餌食になっているのはダンナである。理解できない行動があると「どうしてそう思うのか」「なぜそうするのか」を問い詰められる羽目になる。

夫婦といえども違う人間なのだから、考え方も、事が起こったときの対処法も違うのは当たり前なのだが、「どうして」に答えてくれなければ、いつまでもしつこく質問する。

自分のやり方や考え方に合わさせようとして、しつこく質問しているわけではなく、本当に疑問に思うから質問してるんだけど…。どうも男というのはこの手の話題が苦手なようで、いつも逃げようとするのだよ。

私の中ではコミュニケーションであり、話し合いのつもりなんだが、ダンナにとってはただのお小言なのかもね。しかし、私はあきらめませんよ。私にわかるように説明してもらうまでは!

テーマ : 日々のこと - ジャンル : 結婚・家庭生活

ジムでいじめる自分のカラダ

「今日はジムに行く」
朝の目覚めとともに使命感を帯びてスポーツジムに行ってきました。
約3週間ぶりのジム。今日はダンナが休みで家にいたので、「仕事の電話がかかってきたらヨロシクね」と意気込んでダンナに告げて、朝9時半からのフィットネスクラスに参加。何かものを頼むと反射的にいやそうな顔をするのが、うちのダンナの癖なのだが、なぜかジムのときだけは「おうっ!いって来い」と非常に協力的だ。私に少しでもやせて欲しいらしい。なぜか私自身よりもダンナの方が私の体重に一喜一憂しているのだよ。

今日のクラスは「ステップ」。スタジオにステップ台を敷いて登ったり降りたり跳ねたりするのだ。参加者は10名ほどと少ない。この時間帯にくるメンバーは専業主婦の奥さんか、学生さんがほとんど。南米ラテン系の顔をしたかわいいおねえちゃんが一人いたなあ。

人気のあるクラスの場合、隣で踊るのがいやになるぐらいのナイスバディの金髪姉ちゃんがいることが多いのだが、今日のクラスはなんだかほんわかムード。久しぶりの私には優しい環境だった。

しかし、ほとんど準備体操せずにいきなりクラスに入り、数週間ぶりに激しく体操した私は、ヒジョーに消耗してしまった。インストラクターからは「あなた、すごく疲れているみたいだけど、大丈夫?」とクラスの最中に心配される始末。いきなり運動したからか、なんだか腰が痛くなってきた。頼む、このままぎっくり腰だけは止めてくれ。何を隠そう、昨年10月ごろに超ハードなホットヨガをした私は、翌日から激しいぎっくり腰になり、ほぼ1ヶ月間まともに動けなかったという経験を持つのだ。その前はテニスで張り切ってぎっくり腰したしなあ。

オーストラリアのお母さんは小さい子供をつれてジムに来る。子供を抱っこしてジムに来るのだ。今日同じクラスに参加していた人も子供づれだった。ジム内にチャイルドケアサービスがあり、お母さんがジムで汗を流している間、子供を預かってくれるのだ。日本のジムもそういうシステムを充実していったら、会員数がいっぱい増えるかもしれないのにね。そうそう、ニンプのためのマタニティクラスもあるし。

まあ、私は一度も種を宿したことがない身なのだが、妊娠したら絶対ジムのマタニティクラスに参加して、子供生んだら子連れでジムに来てやると、今から意気込んでおりますです。

ああ、しかし今日は疲れた。明日、ぎっくり腰になってませんように。最近、こういうのって翌日に来るのよね。

テーマ : 美容・健康 - ジャンル : ライフ

身の振り方を考える

友人のイボンヌいわく、私たちの人生の楽しい半分は終わってしまったと…。これからは今までの勢いやたくわえを小出しにして生きながらえなくてはならないと…。まあ、イボンヌほど悲観的ではないが、私も老後のこととを考え始めているのは確か。

歳をとって「孤独で貧乏」っていうのは一番ツライかも。しかし、何かつけ能天気なわがダンナは、老後の「ろ」の字も頭にない様子。

自分のこれからの人生の絵を書くのに、ダンナの今後の展望を考慮しないわけにはいかない。しかし、うちのダンナみたいな万年青年の場合、具体的な絵がかけないのだっ。だからといって、私が勝手に書いた絵に「そうしよう、そうしよう」と乗ってくる人ではない。たちの悪いことに頑固な万年青年である。

今日などは、あまりのダンナの能天気さにあきれて、ついに「もう、だめだ。別れよう。私も私で自分の生活をこれからは守っていかなきゃいけないから」とまで私に言わしめた。「ふうん」といいながら、「いや、俺も真剣に考えてるんだけど…」とかなんとか。

どうやら「考える」という言葉の意味の使い方が、私たち夫婦間では違うようだ。私の「考える」というのは「考えて結論を出す」ということだが、ダンナの「考える」「悩む」ということらしい。

少々、本日は愚痴くさくなりました。これ以上、だんなの悪口を書かないためにも、今日はおとなしく寝ることにします。あー、しかし、なんだかなあ。

テーマ : 家庭内事情 - ジャンル : 結婚・家庭生活

不妊検査デビュー決定

英語で産婦人科の先生とコミュニケーションがとるのが億劫で、不妊検査を引き延ばし引き延ばししていた私ですが。
ついに来週、地元の産婦人科に検査に行くことにしました。

何の検査かって?よくわからんのですが、英語でPelvic Ultrasoundと…。辞書で引いてみたら骨盤超音波らしいです。ハイ。

不妊検査になんで骨盤超音波なのかよくわからんのですが、まあ、そういうことです。日本の不妊検査のホームページでは卵管系の超音波とかはあるみたいですが、骨盤が何で関係あるのか。

検査前からすでにエーゴの壁にぶち当たっている私であります。こんなのでホントに不妊治療は大丈夫だろうか。ヒジョーに不安。

テーマ : 不妊 - ジャンル : 結婚・家庭生活

ああ、勘違い

鉄の28日周期が乱れ、かつ、妊娠判定薬でウスーイ妊娠ラインが登場したことにより、いよいよ懐妊かあああーと思っていたのですが、今朝、体温ががくーんと下がりました。ハイ。36.12です。おまけに生理らしきが流れ出てまいりました。ハイ。今日から低温1日目ですわね。

しかし、前回周期は体温もおかしかったし体調もおかしかった。イボンヌいわく、妊娠していないのに妊娠判定薬がポジティブになるのは、hCGを発生させる腫瘍を持っているか、病院でhCG製剤なるものを投与した場合か、もしくは閉経の場合らしい。妊娠しかけて流産したというケースもあるらしい。閉経って…。

とにかく生理が終わるのを待って、来週末でも病院にいってみよう。なんか腫瘍とかあるかもしれないしねえ。でも、エーゴで黄体機能不全とか○○筋腫とかいわれても、理解できるような気がしないけど。

テーマ : 基礎体温 - ジャンル : 結婚・家庭生活

疑惑の妊娠判定薬

今月は排卵が遅れたけど、そろそろ生理よねー。という周期31日目。
思い立って、先月購入しておいた妊娠検査薬を朝いちで試してみた。

説明書には生理予定日の3日前からOKと記載されていたので、多分もう検査してもいいハズ、と勝手に決めつけテストしてみた。

テストして30秒後。いつもの通りコントロールパネルに1本だけ太いピンクの線が出ている。つまり、陰性ってやつ?

「やっぱ、妊娠してるはずないか~」と思い、手を洗って、1分後もう一度みてみると、影ぐらいのヒジョーに薄い線がもうい1本見えるような…。線とはいえないぐらいの薄さで、影か幻か?というような線。明るいところでしっかり見なきゃわからないぐらいのモノ。よくわからん。

相変わらず体調的には今日か明日あたりに生理が来そうな感じだし。あの線はまぼろしか?

テーマ : 赤ちゃんがほしい - ジャンル : 結婚・家庭生活

街のニオイ

ヒポは本日、約3ヶ月ぶりぐらいにシドニーのシティへ出陣!
いや、シティから電車で15分ぐらいのところに住んでいるのだが、モノグサな私はよほどの用がない限り、シティには出かけないのである。

それが、今日はなんだか外出パワーが炸裂し、たいした用もないのに「ちょっとシティにいってみようかな~」なんて気になった。まあ、ゴキゲンだったわけだ。

久しぶりに乗る電車。街の中心駅の人の多さに疲れて、時間そこそこで帰ってきたけど、たまにシティで人ごみにもまれるのもいい感じねえ。

ゴキゲンついでにワインを飲んで、さらにゴキゲン。明日もゴキゲンさんでいられますように。

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

周期と体温、大混乱

周期30日目。体温36.55(私にとっては高温12日目)

今まで何年間も狂うことなかった鉄の28日周期が、なんと乱れたのであります。しかし、体温を見ると単に排卵が遅れたようで、祝・妊娠ではなさそう。

妊娠したくなってきたなあ、と思い始めたら、いきなり周期が乱れるってどういうコト?私って結構心がカラダに反映するタイプだったのね!30代後半にして新たな自分発見!オソスギル?

ちょっと胸が張り、腰も痛くなってきたから、明日または明後日には赤いお迎えが参るかも知れぬ…。

テーマ : 基礎体温 - ジャンル : 結婚・家庭生活

週末旅行の巻

シドニーから車で約2時間ほどのところにあるブルーマウンテンという山のリゾートにイボンヌ夫妻とともに1泊旅行してきました。
ブルーマウンテンは世界遺産にも指定された折り紙付きの観光地で、シドニーの郊外の見所として常にトップに上がるエリア。
ヒポはこのブルーマウンテンは4回目ぐらいだけど、現地に宿泊するのは初めて。宿泊先はペッパーズという高級ホテルグループのフェアモントリゾート。イボンヌ旦那とヒポ旦那はそのフェアモントに併設するゴルフ場が目当て。イボンヌと私はフェアモントのビューティーセラピーが目当て。

peppers
ペッパーズ・フェアモントリゾート

まず1日目の2月4日はブルーマウンテンからさらに1時間半ほどのところにあるジェノランケーブという鍾乳洞にいった。生まれて始めてみる鍾乳洞に感動することしきり!今回は超初心者のための観光コースだったので、ちょっとかがんだりするだけで通れる洞穴だったけど、今度行くときはぜひ本格的なケービングに挑戦したい。這ったりローブにつかまったりする本格的なヤツ。いいなあ。

ジェノランケーブ
ジェノランケーブの入り口

フェアモントは高級リゾートだが、どこか日本の温泉宿の雰囲気がないでもない。卓球台の代わりにビリヤード台があるのだが、そのビリヤードで家族対決したりすると、すっかり日本の温泉気分だ。

翌日、ビューティセラピーで泥んこラップとスパセラピーをしてもらったのだが、これも日本の旅館でよくあるお部屋マッサージに通じるものがある。

人間、場所によって多少は形が変わるけど、日本の温泉であれ、シドニーのマウンテンリゾートであれ、リラックスのスタイルは似通っているもんだなあ。やれエステだ、やれワインだとかいって、ちょっとランクアップしているつもりになってしまうこともあるが、要は日本のマッサージやあんま、風呂上りのビールとほとんど変わりない。

シドニーにいながら、どこか日本の温泉宿に止まったような雰囲気が味わえて、ヒジョーにリラックスできたのであった。

ぜひ、またシドニー生活に疲れたらマウンテンリゾートに日本の旅館気分を味わいにいこう。

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

大人のコイ話

友人のケルピー(日本人・女)は私よりも5つぐらい年上のお姉さんなのだが、親しく付き合える数少ない私の友達だ。ケルピーは年上だけれども、年上風を吹かせて説教をするようなタイプではなく、非常に自然体。老若男女を問わずに人気があり、たいそう社交家でもある。

ケルピーは5年ほど前にダンナと別れ、今は独身生活を満喫。子供はおらず、40代半ばの大人の悠々一人暮らしを楽しんでいる。

そんなケルピーに昨年ぐらいから恋人ができた。ケルピーと同じ雰囲気を持つ自然体の大人の男だ。しかし、大人の恋愛は秘め事が多い。ケルピーの恋人も一人暮らしで気ままな人だったが、戸籍上には妻と子供がいた。家庭はすっかり破綻しているのに、戸籍上だけは婚姻関係にあるというパターンだ。

ケルピーはその恋人と大人のコイを楽しんでいたのだが、仕事の都合でその恋人は遠くへ引越しすることになった。もちろん、離れるにあたって、二人の中で今後の関係についていろいろな話し合いがもたれたに違いない。しかし、自分の城で気ままに生活していたケルピーは、今の生活を捨てて彼についていくという選択ができなかった。

かくして、ケルピーと恋人は大人の遠距離恋愛を始めた。その関係は彼らなりのペースで、途切れることなく続いていた。

しかし、ケルピーに第二の恋人が登場した。今度の恋人は戸籍上だけでなく、生活にどっぷりと妻子がくっついている男だ。自由を愛するケルピーは男の家庭を壊すつもりはさらさらない。しかし、そうはいってもいわゆる不倫状態。もやもやすることこの上ない。

そんなケルピーの元に、第一の男が舞い戻ってきた。舞い戻ったといっても、仕事の都合での短期出張程度である。しかもマズイことにケルピーの第一の恋人と第二の恋人は知り合いらしい。さらに厳しいことに、第一の恋人が久々に戻ったお祝いに、仲間内で集まることになってしまった。危うし、ケルピー。

ケルピーと第一の恋人の中は、第二の恋人は承知している。しかし、第一の恋人は第二の恋人とケルピーのことを知らない。
いくら寛大な第二の恋人としても、このバッティングディナーにはいささか心が乱れるらしく、ディナーの後に第一の恋人と一緒に帰ってほしくない、と懇願したらしい。

ケルピーはその願いを聞き入れるつもりでいる。しかし、第一の恋人とはその後の2~3日はずっと一緒にいる予定だそうだ。

大人の恋愛というのは、どこまでが許せる範囲で、どこからが許せない範囲なのか難しい。こういう恋愛ができるようになるのは、やはり40歳を超えてからになるのだろうか。難しいなあ。

テーマ : ◆◆恋愛事情◆◆ - ジャンル : 恋愛

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。