スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプリの衝撃

3●回目の誕生日にテニスでひと汗かいた私ですが、ダンナをほってテニスにかまけた甲斐があり、サプリに関する衝撃の事実を仕入れました!

夜のテニスを楽しんだ後、一緒にテニスをした仲間たちとディナーに行ったときのこと、「ねえ、この辺でハーブティー専門の店ってないの?」とみんなに聞いてみた。「そんなのどこでもあるよ」という面々。
「いや、私はちょっとマニアックなハーブがほしくてね。だからハーブティーがいっぱいある店がいいんだけど…」と聞いてみた。
先日からサプリ系にこっている私は、ハーブティー関連プログの内容に惹かれ、よっしゃ私もサプリだけでなく茶にも手を出してみるか…と思い立ったのであります。

で、今、バリバリとサプリを投入していることを話すと、その中の一人がダメ出ししてきた。
私が使っているサプリはオーストラリアの最大手Balckmores社の商品とNature Nutorition社の商品。
で、そのテニス仲間は、どうせサプリとるならいいサプリを取れと。

はあ、最もだ。でも、サプリの裏側にはどれが何グラム入っているかって明記しているから、ちゃんと成分が入ってたら良いも悪いもないんじゃないの?と思ってたのだが、どっこい、そうじゃないらしい。

テニス仲間のサプリ先生いわく、サプリの裏側表示は実は30~40%の誤差表示が認められているらしい。30~40%ですわよっ!これ凄い比率じゃない?

で、世界的に有名なサプリ研究者が各社が販売しているサプリの一つ一つを成分チェックし、”Comparative Guide to Nutritional Supplements(栄養サプリメントの比較ガイド)”って本を出したらしい。その本のチェックリストでは「裏側表示との適合性」「複数のハーブやビタミンが混入している場合、それらのブレンドの良し悪し」、「効果」等を総合的に考慮し、それぞれ100点を満点として点数で表示している。

で、私のとっているサプリの項目を見ると、なんと葉酸入りの混合サプリは10点弱。チェストツリーベリー入りのサプリは16点だったのである!
悲しすぎる。悲しすぎる結果だ。この点数表はかなり採点が厳しく、50点以上を取れるサプリはほとんどないが、悲しすぎる評価ではないか。

テニス仲間いわく、サプリで最もよさそうなのはUSANAメーカーだという(確かに73点とってた)。
しかし、このUSANAメーカーは市販してない。ホームページでみるとなんだかネットワークビジネスのニオイがする。よさそうなんだけど、でもでも…と二の足を踏んでしまう私。

そのUSANAファンの友人いわく、サプリってモノはいいものでもまずは腸を掃除してから挑まなくてはならないという。腸にたくさんいらないものがこびりついている状態は、水道管にごみがいっぱいたまっている状態と同じで、せっかく身体にいいものを飲んだり食べたりしても十分に吸収できないんだと。
だから、サプリを飲む前にまずは腸のゴミを掃除するためにファイバー系を投入しろと…。

この友人の言うことは全くその通りなのだが、ネットワークビジネスに手を出すってのにちょっと尻込みしてしまう。
「別にビジネスする必要はない。サプリだけ買えばいいんだよ」って友人は言うんだけど、これ、乗ってもいい話ですかねえ。

この友人、後日、私の家に来てUSANAの商品や企業理念をとうとうと述べていった。決して悪い友達じゃなくて、押し付けがましくもないのだけど、商品を説明したりビジネスの説明する際の瞳が輝きすぎててちょっとコワかった。
とりあえず、「ビジネスには興味が今のところないから、商品がいいものだったら買うわ。具体的な購入はダンナと家族会議をして決める」といういことにした。

まあ、腸の掃除、サプリ成分の分析表は、ごもっとも、とうなずけることなので、まず商品を買うだけ買ってお試ししてみるのもいいかもしれないけどね。

ちなみにこの”Comparative Guide to Nutritional Supplements(栄養サプリメントの比較ガイド)”の著者は各国のサプリの分析を行っているらしいが、日本では発表されてないらしい。大手の製薬会社の妨害にあったのか???
私の持っているのはオーストラリアで出版されたものだから、オーストラリアとニュージーランドのサプリを対象としたもの。
サプリってどれでもいいってわけじゃないのね。あー。驚いた。
スポンサーサイト

テーマ : 健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

イメトレ作戦

ヒトの思い込みというものは、時に強大なパワーを発するもの。これをポジティブに利用すれば、あっと驚く結果が得られるかも知れない。

たとえば、ココ・シャネル。孤児院で育ったココは嘘つきで妄想癖のある子供だったという。しかし、彼女はシミだらけの孤児院の壁を見つめながら「いつか絶対、真っ白の美しい宮殿で女王のような生活をしてみせる」と繰り返し繰り返しイメージしていたとか。
また、シャンソンの女王のエディット・ピアフは、貧しい街頭芸人の子供で、子供ながら道端で歌って、道行く人が投げ入れてくれる小銭で生活。しかし、ピアフはいつも布団の中で、一流の大劇場のスターとして拍手喝さいを浴びる自分の姿を、毎晩のように思い浮かべていたという。
彼女たちの強い念はポジティブに働き、ついに、どちらも世界のその道の女王として君臨したことになる。

何かの本に書いていたが、世界でいきなり頭角を現す人。つまり、お大尽の二世ではなく、一代で身をなした人は、一人残らず、こういった強いイメージトレーニングを小さなときから無意識に行っていたのだそうだ。

ココ・シャネルエディット・ピアフには足元にも及ばないが、私自身もイメトレの恩恵にあずかったことはある。
大学4年、そろそろ就職活動というときだ。その頃の私はなぜかコピーライターになることしか考えてなかった。私の就職時はまだまだバブルの影響を引きずり、就職活動に行くと大企業がお茶とケーキを用意して待っているような時代。会社の人事があの手この手で20を少し越えたばかりの若造のゴキゲンを取り、新入社員を確保していたのだ。
しかしながら、なぜか「コピーライターになる」と思い込んでいた私は、それらのおいしい大企業には目もくれず、業界就職しかも専門職採用のみをターゲットにしていた。
いかに就職天国のその時代といえども、そのころもマスコミ系就職は難関だった。にもかかわらず、自分は絶対にコピーライターになるものと信じ込んでいたのだ。これは思い上がりというよりも思い込み。コピーライターとして採用されないということなど、これっぽっちも思ってなかった。この思い込みが功を奏してか、晴れて卒業と同時に「コピーライター」なる役職を得たのだった。

今の私は?その頃の念の強さなど全く忘れきり、「はて、私は何をしたいのか」というところから考えなくてはならない有様。この状態で今後の人生に念を送るなどできるはずもないが、身近なところで、このイメトレは役に立つのでないかと思い立った。たとえば、美貌ダイエットである。

まず、自分の容姿について、やや悲観的に形容してみると、
「地黒で背が高く、横幅も立派な大女。挑むような目つき、シニカルに結ばれた唇。こしのないやや茶色がかった髪は無造作に背中の辺りまで伸びている…」となる。こうして字面にして見ると、嫌になるぐらいの妖怪ぶりだ。
しかし、この容姿をすべて好意的にそして美化して書き連ねてみると、
「小麦色の肌をもち、すらりと伸びた長身にグラマラスな肢体。切れ長のよく光る目は憂いを含む。きりりと引き締められた口元。柔らかなこげ茶色の長髪がふわりと背中にかかる…」となる。

そして、この美化した文体だけを見て、頭の中でどういったオンナなのかを創造してみよう。
ねえ。凄いいい女じゃない。
想像したオンナは今の自分には似ても似つかないかもしれないけど、紛れもなく自分の容姿に似通う何かを持っている
そう、これこそが、自分が目指せるいいオンナですよ。このオンナの姿をイメージし続けることによって、いつか想像の中のいい女がわが姿に…。

ここで思い浮かべるいい女は、やはり自分の中の要素から派生したオンナじゃなきゃダメ。いくら、アンジェリーナ・ジョリーに憧れて彼女の容姿をイメトレしても、服装や髪型、化粧法は真似できても、肝心のパーツが揃わないでしょ。パーツが。

皆さん。自分の容姿を美化して文字にしてみて。私はその字面見て、これから皆さんの容姿を想像しブログを読ませていただきますことよ。ええ、あなたのイメトレに私も協力します。
その代わり、あなたも私のイメトレに協力してくださいな。ええ、私は「小麦色の肌をもち、すらりと伸びた長身にグラマラスな肢体。切れ長のよく光る目は憂いを含む。いつもきりりと引き締められた口元。柔らかなこげ茶色の長髪がふわりと背中にかかる…」女です。

テーマ : 健康、美容、ダイエット - ジャンル : ヘルス・ダイエット

オンナ磨きの日

のんべんだらりと暮していると、オンナ度に掛ける情熱もだんだん下がって来るもの。オンナ度UPばかりを気にして生活するのも、やや抵抗があるものの、全くオンナを逸してしまうのも、これまた、心がささくれしまう

中性化どころか、日々オッサン化しつつあるわが身を戒めようと、本日、ビューティセラピーに行ってきました。

ミニフェイシャルと眉毛ワックス。30分程度でA$65(5000円)ぐらい。気軽にオンナ度を上げたいときにふらりと楽しめるいつものコース。手先が不器用な私は自分で眉の手入れなどできない。ほっておくと眉毛ぼうぼうになるため、月一ぐらいでビューティーケアに行って眉毛ワックスでムダ毛を抜いてもらうことにしているのだ。

今日のビューティセラピストは、ゴージャスなマダムだった。いつもは年端の行かぬ若い姉ちゃんなのだが、今日のセラピストは貫禄がある。手際もよく、フェイシャルも至上の気持ちよさ!

ふと、興味を抱き「こうやって、ビューティセラピストとしてプロになるには、どれぐらい勉強すればいいの?」と聞いてみた。
「そうねえ。フルタイムで学校に行くなら、Certificate 3でだいたい半年。Diplomaで1年ぐらいよ」との返事。
※オーストラリアでの学習の場合です。ちなみにCertificateとは専門学校のレッスンレベル、Diplomaは短大卒業相当の学位。

「へえ。でも、プロでやっていくには、Diplomaが必要なんでしょ」と聞くと、「そうねえ。そのほうがいいけど、Certificate 3だけでも、一応、サロンでは働けるわよ」とのこと。

詳しいと思ったら、なんと、そのセラピストはオーストラリアの公立ビジネスカレッジでビューティセラピーコースの先生をしているという。さすがに先生。フェイシャルがうまいはずだ。

「キャリアチェンジするなら、いい職業よっ!」と強く勧める先生。思わぬ勧誘に少しビビった私は、「でも、私、もう3●歳だしねえ。働きながらパートタイムで勉強すれば2年はかかるんでしょ。ちょっと、新しいことを本格的に勉強するには遅いような気がするわ」と、牽制球を投げてみた。

「何言ってんのよ。私が勉強したのも30代後半よ。遅すぎることなんてないわよ。私、今、50歳よ」と誇らしげに胸を張る。確かにオーストラリア人の中では小奇麗でゴージャスなマダムだけど、50歳っていう年齢には頷ける容姿。
「あらっ。50歳なの。見えないわ。キレイねえ」と一応大人のご挨拶を返しておいた。

気をよくした先生は「ちょっと待ってて」と言い残し、小部屋を出て行く。そして、ビューティセラピーの商品を両手に抱えて、帰ってきた。「この商品。これ本当にいいのよ。これがパック、これがスクラブ」と説明し始めてしまった。

うう、しまった。美容に糸目をつけない日本人の金持ち夫人と誤解されてしまったらしい。適当に相槌を打って、商品はまた今度にするということでなんとかその場をかわしたが…。

しかし、私もある意味成長した。昔はこういうふうに物を薦められたら、ホントはあまり気乗りしなくても「高いからいらない」とか、言えない人だった。←ただの見栄張り
でも、ビューティセラピーでつかったけど、本当に商品自体はいいものだったけどね。海草エキスで作られたアンチエイジング商品らしい。

THALGOアンチエイジング
つい買いそうになった先生お勧めのTHALGO


久しぶりに顔を丁寧にマッサージされたからか、眠たいような気分になってきた。ああ、いい気持ち。
やっぱり、オンナ度パワーのリチャージにはビューティセラピーは効くわね。

テーマ : 美と健康! - ジャンル : 心と身体

久しぶりのフェイシャル&眉ワックス

半年振りぐらいにその気になって、ビューティーに行ってきた。ミニフェイシャルと眉毛ワックスで計A$65なり。
担当のお姉ちゃんはまだ20代前半って感じで若そうだったが、なかなかマッサージは気持ちよかった。しかし、舌にピアスしているらしく、話し方が何だがモゴモゴ舌っ足らずで、エーゴが聞き取りにくい。
眉毛のお手入れはやや乱暴で、えらい痛かった。これって半年もほおって置いたから、毛が多かったのかしらん。
やっぱ、月イチぐらいでフェイシャルと眉はやってもらったほうがいいなあ。なんかあの手の店にいくと気分的にオンナ度が増すしね。

テーマ : やっぱり綺麗になりたい! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

人気ブログがずらりランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。